Rakuten infoseek

辞書

アルノルド派【あるのるどは】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルノルド派
あるのるどは
中世の異端の一派。一時ロンバルディア派とよばれた。1184年に異端と断定された。「信仰の証(あかし)は使徒のごとき清貧に存する」と主張して、蓄財によって腐敗した教会を攻撃し、聖職者にキリストの教会を代表し秘蹟(ひせき)を執行する資格なしとし、清貧の俗人に説教の権ありと唱えた。アルノルド派の名は、1155年に処刑されたイタリアの急進的教会改革運動家アルノルド・ダ・ブレシアArnaldo da Brescia(1100ころ―1155)の残党と考えられたためにつけられた。[渡辺昌美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルノルド派」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルノルド派の関連情報

他サービスで検索

「アルノルド派」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.