Rakuten infoseek

辞書

アルチュス現象【アルチュスげんしょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルチュス現象
アルチュスげんしょう
Arthus's phenomenon
ウサギの皮下皮内にウマ血清を5~7日ごとに反復注射すると,6回目頃から局所に浮腫が生じ,次いで出血,潰瘍,壊死が起る。この現象をいい,フランスの生理学者 N.M.アルチュス (1862~1945) が明らかにした (1903) 。循環障害を主体とした抗原抗体反応と考えられるが,人間の場合でも,免疫グロブリンG (IgG) 抗体が高濃度に存在する個体の皮内に対応する抗原を注射すると,その部位でこの現象が起り,多核白血球の浸潤や血栓の形成などがみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

アルチュス現象【Arthus phenomenon】
アルツス反応,アルサス現象*などとも呼ばれる.沈降抗体をもつ動物に抗原を皮内注射すると,数時間以内に浮腫や出血,壊死を伴う炎症性の反応が起きる.ウサギの皮下にウマ血清を繰り返し注射すると,注射した箇所に壊死性の変化が生じる.最初は局所性アナフィラキシーと考えられたが,実際にはもっと複雑な反応であるらしい.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あるちゅすげんしょう【アルチュス現象】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アルチュス現象」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルチュス現象の関連情報

他サービスで検索

「アルチュス現象」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.