Rakuten infoseek

辞書

アルダー‐シュタイン則

法則の辞典

アルダー‐シュタイン則【Alder-Stein's rule】
ディールス‐アルダー反応の生成物の立体構造に関する経験則.以下の四つの規則の総称である.

(1) 親ジエン基に対してジエンは常にシス付加をする(シス付加則).

(2) 二重結合の重なりが最も大きくなるような配置をとって付加する(一般選択則).

(3) 脂環式化合物の γ-オキシ酸は,互いにエンド型であるときにラクトンをつくりうる(ラクトン則).

(4) 脂環式化合物の1,2-ジカルボン酸はシス型であるときに無水物をつくりうる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルダー‐シュタイン則」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルダー‐シュタイン則の関連情報

他サービスで検索

「アルダー‐シュタイン則」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.