Rakuten infoseek

辞書

アルタイ諸語【アルタイしょご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルタイ諸語
アルタイしょご
Altaic languages
チュルク諸語モンゴル語ツングース語の総称。この3つがアルタイ語族 Altaic familyを形成するか,あるいはアルタイ言語連合 Altaic Sprachbundを形成するにすぎないのかについては意見が分れている。言語構造は互いによく似ているが,その膠着語的性格のもつ規則性が逆に親族関係の確立を困難にしている。数詞なども著しい相違がみられる。また,日本語朝鮮語との類似も指摘され,この2言語もアルタイ諸語に含める人もあるが,これらとの親族関係も未証明である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルタイ‐しょご【アルタイ諸語】
Altaicトルコ中央アジア中国モンゴルシベリアなどの地域に分布する、チュルク語トルコ語)族・モンゴル語族・ツングース語族の総称。母音調和があり、語頭にrの音が立たず、膠着語(こうちゃくご)的特徴がある。朝鮮語日本語もこれに属するとの説もある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルタイしょご【アルタイ諸語 Altaic】
トルコ語などチュルク語族の諸言語,モンゴル語などモンゴル語族の諸言語,満州語などツングース語族の諸言語の総称。これらの諸言語が互いに親族関係にあってアルタイ語族をなすとの説が有力で,さらに朝鮮語や日本語をも含めた親族関係が問題にされることがある。分布地域は広く,一部で重なり合いながら東ヨーロッパからシベリアに及ぶが,チュルク諸語は中央アジアを中心に東ヨーロッパ,中国西部,シベリアの南部・中部などに話されており,モンゴル諸語はモンゴル,中国の内モンゴル地方を中心に,ボルガ川中流,アフガニスタン,シベリアのバイカル湖付近などに分布する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アルタイしょご【アルタイ諸語】
チュルク諸語・モンゴル諸語・ツングース諸語の総称。母音調和があること、膠着こうちやく語的特徴があること、語頭に r 音が立たないことなどの共通点がある。朝鮮語や日本語をこれに含める説もある。かつてはウラル-アルタイ語族と呼ばれていた。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典

アルタイしょご【アルタイ諸語】
チュルク諸語、モンゴル諸語、ツングース諸語の総称。西はバルカン半島から東はオホーツク海まで、ユーラシア大陸に広く分布する。これらの言語は母音調和といった音韻や膠着語的な性格などが類似していることから、共通の祖語から分化したとする説が早くから唱えられてきた。この系統にさらに朝鮮語日本語を位置づける説もある。一方、これらの諸言語間には、数詞や人体の部位といった基礎的な語彙(ごい)に一致がみられないことなどから、言語構造上の類似は長期にわたる接触の産物であるとして、共通の祖語を想定することには慎重な見方もあり、いずれも定説には至っていない。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルタイ諸語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルタイ諸語の関連情報

他サービスで検索

「アルタイ諸語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.