Rakuten infoseek

辞書

アルタイのゴールデン-マウンテン【アルタイのゴールデンマウンテン】

世界遺産詳解

アルタイのゴールデンマウンテン【アルタイのゴールデン-マウンテン】
1998年に登録されたロシアの世界遺産(自然遺産)。アルタイ山脈のアルタイ自然保護区、テレツク湖周辺、最高峰のベルハ山(標高4506m)周辺の高山地帯、ウコク高原を含む一帯などが世界遺産として登録されている。ここは、ロシア連邦のアルタイ共和国ゴルノ・アルタイ自治州の州域となっている。このエリアにはカラマツ、モミなどの針葉樹の森(タイガ)やステップ地帯、亜高山~高山帯などの多様な植生があり、これらが良好に保たれていることや、ユキヒョウやアルタイ・アルガリ(ヒツジの一種)、イヌワシ、カタジロワシなど絶滅危惧種の重要な生息地・保護区になっていることが世界遺産にふさわしいとして評価された。世界遺産の登録名として採用された「ゴールデン・マウンテン」は、「アルタイ」がモンゴルの言葉で「金の山」を意味する言葉であることによる。◇英名はGolden Mountains of Altai

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルタイのゴールデン-マウンテン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルタイのゴールデン-マウンテンの関連情報

関連キーワード

平山郁夫多和田葉子[各個指定]工芸技術部門朝鮮民主主義人民共和国グリーンランドゴダール(Jean-Luc Godard)自動車工業植物ホルモン生活教育田村隆一

他サービスで検索

「アルタイのゴールデン-マウンテン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.