Rakuten infoseek

辞書

アルジェのカスバ【アルジェのカスバ】

世界遺産詳解

アルジェのカスバ【アルジェのカスバ】
1992年に登録されたアルジェリアの世界遺産(文化遺産)で、首都アルジェの旧市街を指す。市街地を囲んでいた城壁は、19~20世紀、フランスの植民地政策により大半が破壊されたが、市街は起伏に富んだ地形で、急勾配の坂道、曲がりくねった細い路地、スーク(市場)などが密集して中世アラブの雰囲気を醸し出している。この歴史的例証を守るために、世界遺産に登録された。◇英名はKasbah of Algiers。カスバはアラビア語で、「城塞」の意。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルジェのカスバ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルジェのカスバの関連情報

関連キーワード

近藤芳美ドイツ統一スペースシャトル飛行記録黒沢清仙田満ヨーロッパ通常戦力条約高良留美子柴田翔自衛隊久石譲

他サービスで検索

「アルジェのカスバ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.