Rakuten infoseek

辞書

アルゴリズム【アルゴリズム】

知恵蔵

アルゴリズム
問題を解くための数学的計算手順。算法ともいう。具体的には、プログラミング言語を使って、問題の解決手順を記述したものを、コンピューターのプログラムと呼ぶ。それを実行すると、有限時間内に解が得られるものが正しいアルゴリズムである。
(星野力 筑波大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

アルゴリズム(algorithm)
ある特定の問題を解いたり、課題を解決したりするための計算手順や処理手順のこと。これを図式化したものがフローチャートであり、コンピューターで処理するための具体的な手順を記述したものがプログラムである。イランの数学者・天文学者、アル=フワーリズミーにちなむ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ナビゲート ビジネス基本用語集

アルゴリズム
ある問題状況において、正解を引き出すための一定の手続きまたは思考方法のこと。その通りに実行すれば必ず特定の結論に達するというもので、数学の公式やコンピュータのプログラミングはアルゴリズムの代表といえる。 アルゴリズムと対置する概念として、必ずしも正解を保証しない方法であるヒューリスティックスが挙げられる。

出典:ナビゲート
Copyright (C) 1999 - 2010 Navigate, Inc. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カメラマン写真用語辞典

アルゴリズム
 英語の Algorithm 。処理手順を指す。画像処理など、コンピューターが特定の作業を実行するためのステップを指示するなどがそれ。といってもカメラ内にアルゴリズムはなく、実際には、アルゴリズムはプログラムに書き換えられてコンピューターに実行させる。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

ホームページ制作用語集

アルゴリズム
コンピュータが目的を達成するための処理手順、情報を処理する基盤である。アルゴリズムをプログラミング言語を用いてコンピュータに指示するための文書をプログラムという。

出典:(株)ネットプロ
Copyright© 2010 NETPRO Co., Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

アルゴリズム【algorithm】
コンピューターが効率的に問題を解いたり、課題を解決したりするための処理手順。◇アルゴリズムをプログラミング言語を用いて具体的に記述したものがプログラム

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルゴリズム【algorithm】
算法ともいう。計算の方法,問題を解く手順など,一般に情報処理の具体的な方法,手順。たとえば正整数mnの最大公約数を求める次の方法(ユークリッドの互除法)は,アルゴリズムの基本的な例である。(1)mnで割って,その余りをrとおく。(2)もしr≠0ならば(3)に,さもなければ(4)に進む(3)nの値をあらためてmとし,rの値をnとおいて(1)に戻る。(4)nが求める最大公約数である(計算終り)。たとえばm=136357,n=88512ならば,mnで割った商は1,余りrは47845なので,(3)に進みm=88512,n=47845として(1)に戻る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アルゴリズム【algorithm】
〔もとは算用数字を用いた筆算のこと。アラビアの数学者アル=フワリズミの名にちなむ〕
計算や問題を解決するための手順、方式。
コンピューターのプログラムに適用可能な手続きや手段。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルゴリズム
algorithm
数学情報科学,あるいは関連する分野において,有限回の手続きによって,問題を解決するための一定の手順。語源は,アラビアの数学者ムハンマド・イブン=ムーサー・アル=フワーリズミーの著書名の一部に由来するといわれている。ユークリッドの互除法は,二つの整数に対して,その最大公約数(→約数)を求める手順を与える方法であり,アルゴリズムの例である。具体的には次のように記述される。整数 ab に対して,ab で割った余りを r とする。このとき ab の最大公約数は,br の最大公約数に等しくなるので,(ab)を(br)に置き換えて同じ操作を繰り返す。余りは必ず小さくなっていくので,有限回の操作で 0になり,最終的に(d,0)となったときの dab の最大公約数となる。アルゴリズムの概念を厳密に定式化する数学モデルとしてテューリング機械が知られている。アルゴリズムはコンピュータ情報処理を行なう場合の基盤となる。コンピュータにアルゴリズムを指示するための,操作の並びを記述したものがプログラムにほかならない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルゴリズム
あるごりずむ
Algorithm
ある種の問題を解くための計算の手順、方法であって、かならず、その解が得られるようなものをアルゴリズムという。このことばは、9世紀アラビアの数学者アル・フワーリズミーに由来するといわれている。たとえば、二つの自然数の最大公約数を求める方法は、次のように書くことができる。(1)二つの数をa、bと名づける。(2)aをbで割り、その余りをrとする。(3)rが0ならば、計算は終わり、答えはbである。(4)rが0でなければ、そのときのbをあらためてaと名づけ、rをbと名づけて、(2)の段階に戻る。以上のプロセスは、ユークリッド互除法とよばれるもので、最大公約数を求めるアルゴリズムである。
 ある問題を解くためのアルゴリズムがわかっていれば、コンピュータにそのアルゴリズムを教えて、つまりプログラムをつくり、それをインプットして解かせることができる。コンピュータの登場以来、いくつかのアルゴリズムが脚光を浴び、発見されてきた。方程式の根を有限桁(けた)だけ求めるためのニュートン法や、データを大きさの順に並べ替えるための種々のアルゴリズム、プログラム言語を機械語に変換するためのアルゴリズムなど、いろいろな分野のアルゴリズムがある。
 一方、アルゴリズムという概念を数学的に厳密に定義しようという試みは、チューリングA. Turingや、クリーニStephen Cole Kleene(1909―1994)、ゲーデルK. GdelおよびチャーチAlonzo Church(1903―1995)などの数学者により別々の方法で行われた。現在、それらの試みはすべて同値であることが示され、アルゴリズムという漠然とした概念が明確にされた。その結果、アルゴリズムが存在しない問題、すなわち、コンピュータで解けない問題があることも明らかにされている。[中西正和]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルゴリズム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルゴリズムの関連情報

他サービスで検索

「アルゴリズム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.