Rakuten infoseek

辞書

アルコールランプ【アルコールランプ】

大辞林 第三版

アルコールランプ
alcohol+lamp
アルコールを燃料にしたランプ。理化学用の実験などで、ものを熱するために使う。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルコール‐ランプ
《〈和〉alcohol+lamp》アルコール燃料とするランプ。科学実験などに使用。
[補説]英語ではspirit lamp

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルコールランプ【alcohol lamp】
木綿の灯心をアルコール(おもにエチルアルコール)中に浸し,アルコールを吸い上げさせて燃焼するようにした器具。一般にガラス製であるが,金属製のものもあり,ふたをすると火が消えるようになっている。ガスのない実験室などで小型の源として手軽に使用できる。【中原 勝儼】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルコールランプ
あるこーるらんぷ
alcohol lamp
小形の熱源として利用される加熱器具。ガラス製容器中にアルコール(通常はメタノールなどを添加して変成した工業用のエタノール)を入れ、木綿の灯芯(とうしん)を浸して容器の口の上に吸い上げ、これに点火して用いる。消火するときには、付属しているキャップをかぶせる。金属製容器のものもあり、またとくに高温度を要する用途には、アルコールバーナーもある。
 ガス、電気などの熱源を供給しにくい場所や学校教育での実験などに手軽な熱源として利用されるほか、都市ガスの燃焼廃気が妨害となるような実験(硫黄(いおう)定量分析など)の熱源にも利用される。[岩本振武]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アルコール‐ランプ
〘名〙 (alcohol lamp) アルコールを燃やして物を熱する道具。
※仏国風俗問答(1901)〈池辺義象〉八重の海山「アルコールランプ類は、一切用ふべからず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルコールランプ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルコールランプの関連情報

関連キーワード

急性アルコール中毒肺炎マイコプラズマ感染症酵素番号酒精一価アルコールエストラダIPAアルコールハラスメント

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.