Rakuten infoseek

辞書

アルキン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルキン
アセチレン系炭化水素」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルキン(alkyne)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アルキン
 分子内に一つの三重結合をもつ脂肪族炭化水素アセチレンなど.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルキン【alkyne】
三重結合一つをもつ脂肪族鎖式不飽和炭化水素の一般名。一般式CnH2n-2で表される一群の化合物で,アセチレン系(アセチレン列)炭化水素ともよばれる。骨格をつくる炭素原子のうちの2個は三重結合で結ばれているが,他の炭素間結合はすべて単結合である。このためアルキンは,同数の炭素原子を含むアルカンに比べて,水素が4原子少ない分子式をもつ。IUPAC命名法では,アルカンの語尾〈アンane〉を〈インyne〉に変えて命名する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アルキン【alkyne】
アセチレンの同族列で、炭素間三重結合を一個もつ鎖式不飽和炭化水素の総称。一般式は Cn H2n -2 アセチレン系炭化水素。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルキン
あるきん
alkyne
アセチレンHC≡CH(C2H2)の同族体で一般式CnH2n-2で示される三重結合をもつ一連の脂肪族不飽和化合物の総称。この系列の最初の物質はアセチレンであるので、アセチレン系炭化水素ともいう。天然には存在せず合成によって得る。分子内に炭素‐炭素三重結合C≡Cを1個有し、その結合の長さは120ピコメートル程度であり、直鎖状の結合をしている。これはアルカンの単結合(154ピコメートル程度)、アルケンの二重結合(134ピコメートル程度)よりも短い。アルキンの三重結合は1個のσ(シグマ)結合と2個のπ(パイ)結合からできており、π結合があるため各種の試剤の付加を受けやすい。[徳丸克己]

製法

アセチレンは天然ガスまたはナフサから工業的に製造されている。そのほかのアルキンをつくるには、メチルアセチレン(アリレン)を例とすると、次の反応を用いる。

このとき、アレンはほとんど生成しない。これはアレンが不安定であるので、安定なアセチレンができる傾向が強いからである。[徳丸克己]

反応性

アルキンの三重結合には種々の物質が付加する。たとえば、臭素1分子がアセチレン1分子に付加すると1,2-ジブロモエチレンのトランス型が生成し、さらにもう1分子の臭素が付加すると、1,1,2,2-テトラブロモエタンとなる。塩化水素がアセチレンに付加すると、まず塩化ビニル(ポリ塩化ビニルの原料)を生じ、さらに塩化水素が付加すると、1,1-ジクロロエタンとなる。またシアン化水素がアセチレンに付加するとアクリロニトリル(アクリル系繊維や合成樹脂の原料)を生ずるが、現在工業的にはアクリロニトリルは主としてプロピレンから製造される。同様に、酢酸はアセチレンに付加して酢酸ビニルを生ずる。水もアセチレンに水銀塩を触媒(これの流出したものが水銀による中毒をもたらした)として付加し、アセトアルデヒドを生ずるが、現在アセトアルデヒドは工業的にはもっぱらエチレンから製造されている。メチルアセチレンに水が付加すると、アセトンが得られる。
 このほか、加圧下でアセチレンにアルコールや一酸化炭素が付加する反応をレッペ反応といい、種々の有用な化合物の合成に利用された。
 アルキンの三重結合の炭素に結合している水素は酸性を示すので、各種の金属とアセチリドとよばれる塩をつくる。この塩にヨウ化メチルを作用させると、アルキンの水素がメチル基で置き換わったアルキンをつくることができる。次に例を示す。

またアセチレンを直接加熱、あるいは種々の触媒と処理すると重合がおこる。反応条件によりベンゼンやビニルアセチレンHC≡CH=CH2が得られる。[徳丸克己]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アルキン
アルキン
alkyne

分子内に三重結合C≡Cを1個もち,一般式CnH2n2で表される脂肪族不飽和炭化水素の総称.この同族体のもっとも簡単な化合物がアセチレンであることから,アセチレン系炭化水素(hydrocarbon of acetylene series)ともよばれる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルキン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルキンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.