Rakuten infoseek

辞書

アルキメデス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルキメデス
Archimēdēs
[生]前287頃.シラクーザ
[没]前212頃.シラクーザ
古代ギリシアの数学者,発明家。当時の学問の中心地であったアレクサンドリアに学んだのち,生地に戻り,シラクーザ王ヒエロン2世の保護のもとに研究にいそしんだ。入浴中に浮力に関するアルキメデスの原理を発見し,「エウレーカ,エウレーカ (発見した,発見した) 」と叫んだという話や,てこの原理を発見し「私に立つ場所を与えるなら,地球をも動かそう」と言ったという話などはあまりにも有名である。幾何学においても,円周率の値が 220/70と 223/71の間にあることを示し,また曲線で囲まれた図形や曲面の面積を「取り尽くしの方法」を用いて計算した。軍事技術においても優れ,第2次ポエニ戦争では考案した反射鏡や起重機を使ってローマ軍を苦しめ,シラクーザはローマ軍の攻撃に3年間もちこたえることができたという。しかし,ついにシラクーザが陥落したとき,ローマ兵によって殺害された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルキメデス【Archimēdēs】
前287ころ‐前212
古代ギリシアにおける最も天才的な数理科学者,機械学者。シチリア島の都市国家シラクサに生まれ,第2ポエニ戦争中にローマ兵に殺された。1世紀のプルタルコスは,アルキメデスがさまざまの機械で,シラクサを包囲したローマ軍をなやませたようすを伝えている。アルキメデスは天文学者フェイディアスの子で,その研究生活を天文観測から始めたらしい。そして太陽,月,惑星の運動を模す惑星儀を作ったといわれている。それから彼は,天秤を使った実験による機械学を研究し,初めて〈重心〉という概念を用いて,多くの平面図形や立体の求積問題を研究した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アルキメデス【Arkhimedes】
前287頃~前212頃) 古代ギリシャの数学者・物理学者・技術者。てこの原理やアルキメデスの原理の発見とともに、複合滑車や灌漑かんがい用の揚水機など多数の機械を考案。また、多くの平面図形およびその回転体の求積を論じ、これについても、重心の概念を用いた力学的解法と「取り尽くし法」による厳密な幾何学的証明を示し、力学と幾何学の結合を目指した。円周率の数値計算、大数の記数法でも知られる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルキメデス
あるきめです
Archimds
(前287―前212)
古代ギリシアの科学者、数学者、技術者。シチリア島シラクサ出身。一時アレクサンドリアに遊学したが、のちシラクサに帰り、縁故のあるシラクサ王ヒエロン2世Hieron やその子ゲロンGelnの援助で研究に励んだ。当時は地中海の覇権をめぐってローマとカルタゴの間のポエニ戦争のさなかにあり、シラクサはカルタゴに味方していた。アルキメデスも第二次ポエニ戦争(前218~前201)ではシラクサのためにさまざまな武器を開発して祖国に尽くした。
 彼の著作は、今日、数学的、物理的なものが10編余り残っているが、そのいくつかは興味あるエピソードと関連している。あるとき、「私にどこか(地球以外の)足場を与えてくれるなら、地球を動かしてみせる」と豪語した。そしてその証拠として、海岸にあった3本マストの軍艦を、複滑車を使ってひとりで岸に引き揚げた。これは「てこの原理」に精通していたからで、その解説は『平面板の平衡』に書かれている。
 ヒエロン王が職人に純金の塊を与えて王冠をつくらせたところ、その王冠には金をいくらか抜き取って銀が混ぜてあるという告発があった。この問題の解決を頼まれたアルキメデスは、ある日、湯がいっぱい入った浴槽につかったとき、浴槽につかった自分の身体と同体積の湯があふれ出し、体重も軽くなることを発見して、喜びのあまり「ヘライカ、ヘライカ(みつけた、みつけた)」と叫びながら裸で街を走ったという。これは、王冠と同じ重さの純金、純銀、それに金と銀を混ぜたという王冠を、水を張った同じ容器にそれぞれ入れて、あふれ出る水の量で王冠の不正を見破ったわけで、「アルキメデスの原理」として知られ、彼の著作『浮体』第1巻の説明に当てはまる。
 また、大数を表すために、宇宙に砂粒をいっぱい詰めると、その砂粒の数はどれくらいになるかを計算し、現代式ではその数は1063より少ないとし、この大数の表記法を『砂粒を数えるもの』のなかで述べている。このほか、「アルキメデスの螺旋(らせん)」を発見したり、円周率すなわち円周と直径との比率について「円周はその直径の70分の220より小さく、71分の223よりは大きい」と算出した。
 第二次ポエニ戦争中は、大形の強力な投石器をつくったり、起重機のような機械で敵船を海面にたたきつけたりしてローマ軍を悩ませたという。しかしローマ軍の兵糧(ひょうろう)攻めの前にシラクサも陥落した。その日、アルキメデスが家で図形を描いて研究しているところへローマの一兵卒がきて彼を捕まえようとした。「私の図形に近寄らないでくれ」といったとき、兵卒は彼を刺し殺した。死後の建立を託していた墓碑には、彼が発見した「球の体積はそれに外接する円柱の3分の2である」の図形が彫ってあった。
 理論と実際の結合こそ科学を向上させると考えた古代では珍しい科学者であり、その著『方法』では、その研究の方法まで赤裸に示している。[平田 寛]
『T・L・ヒース著、平田寛他訳『ギリシア数学史』(1960/復刻版1998・共立出版) ▽平田寛著『科学の起原』(1974・岩波書店)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アルキメデス
(Arkhimēdēs) 古代ギリシアの自然科学者。「アルキメデスの原理」の発見者。積分法の先駆となる円、球などの求積法、梃子(てこ)、重心の研究、らせん揚水器や武器の発明など多方面に活躍。(前二八七頃━前二一二頃

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルキメデス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルキメデスの関連情報

関連キーワード

セケッシオアイソトープ広島県の要覧バート ブライレブンモータリゼーション(中国の)公図被告の手錠と腰縄を外すタイミング基礎学習全基停止後の地域経済里親

他サービスで検索

「アルキメデス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.