Rakuten infoseek

辞書

アルカリ金属【アルカリきんぞく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アルカリ金属
アルカリきんぞく
alkali metal
周期表1族に属するリチウムナトリウムカリウムルビジウムセシウムフランシウムの6元素総称。いずれも希ガス型の1価の陽イオンとなる。イオン化エネルギーが小さく,元素中最も陽性で,陰性の元素とイオン結合の化合物をつくり,共有結合の化合物,錯塩をつくりにくい。いずれも単体は反応性に富み,融解塩電解によって製造される。銀白色の金属で軟らかく,融点は低い。常温では水と激しく反応して水素を発生し,水酸化物を生じる。多くの金属と金属間化合物をつくる。イオンは無色で,化合物はほとんど水溶性である。炎色反応はリチウムが真紅,ナトリウムが黄色,カリウムが淡紫色,ルビジウムが深赤色,セシウムが青色である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アルカリきんぞく【アルカリ金属 alkali metals】
周期表周期表第I族(第IA族)に属する金属元素で,性質のきわめてよく似たリチウムLi,ナトリウムNa,カリウムK,ルビジウムRb,セシウムCs,フランシウムFrの6元素の総称。自然界に単体としては存在せず,リチウムは雲母などの鉱物として,ナトリウムは海水中および岩塩鉱床中に,主として塩化物として産出する。カリウムは塩化物や硫酸塩の形で,やはり岩塩鉱床中に含まれ,これに伴って微量のルビジウムやセシウムも見いだされる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アルカリきんぞく【アルカリ金属】
周期表上で 1 族に属する、リチウム・ナトリウム・カリウム・ルビジウム・セシウム・フランシウムの六つの金属元素の総称。銀白色で軟らかく、比重は小さい。特有の炎色反応を示す。電気的陽性・イオン化傾向とも最も強く、一価の陽イオンになりやすい。水と反応して強塩基性の水酸化物を生じる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アルカリ金属
あるかりきんぞく
alkaline metals
周期表第1族元素、すなわちリチウム、ナトリウム、カリウム、ルビジウム、セシウム、フランシウムの6元素の総称。
 このうちナトリウムおよびカリウムは海水や植物中に、あるいは岩塩鉱物などとして広く多量に存在するが、それ以外は希元素に属し、とくにフランシウムは寿命の短い放射性同位体として微量存在するにすぎない。リチウムは雲母(うんも)などの鉱物から、ルビジウム、セシウムは主としてカリウムに伴って産し、特別な鉱石はまれである。アルカリ金属は、元素中で電気陽性がもっとも高く、容易に電子1個を失って希ガス元素と同じ構造の1価陽イオンの化合物をつくりやすい。このイオンは酸化還元を受けにくく、安定な塩をつくる。したがって金属をつくる場合にも普通の方法ではむずかしく、塩を高温で融解して電解する。固体はすべて柔らかい銀白色の金属で、空気中ではただちに光沢を失い、密度、融点、沸点などが低いのが特徴である。また炎色反応を示し、リチウムは深紅色、ナトリウムは黄色、カリウムは紫色、ルビジウムは深赤色、セシウムは青紫色である。多くの非金属元素と活発に直接作用するが、とくに酸素、ハロゲンなどと化合し、水素と反応して水素化物をつくる。またリチウムは窒素、炭素とも直接化合する。常温で水と反応して水素を発生し、強塩基性の水酸化物を生ずる。リチウムを除いて塩は水に溶けやすい。金属を放置すると湿気と反応するので、石油やパラフィンの中に入れて保存する。[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アルカリ‐きんぞく【アルカリ金属】
〘名〙 周期表1族元素のうち、リチウム Li ナトリウム Na カリウム K ルビジウム Rb セシウム Cs フランシウム Fr の総称。一価の陽イオンになりやすく、常温で水を分解して水素を発生し、強塩基の水酸化物をつくる。〔舎密開宗(1837‐47)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アルカリ金属
アルカリキンゾク
alkali metals

水素を除く周期表1族元素Li,Na,K,Rb,Cs,Frの総称.これらの金属は,塩化物や水酸化物の溶融電解で得られる.いずれも比重が小さく,軟らかく,反応性に富み,空気中に放置すれば酸化され,水と反応して水素を発生し,水酸化物となる.水酸化物は強い塩基性を示す.アルカリ金属の化合物では,普通,アルカリ金属は一価の陽イオンとして存在する.これはアルカリ金属原子が最外電子殻に1個のs電子をもち,これを離しやすいためである.これらの陽イオンは,ハロゲン,オキソ酸などの陰イオンとイオン結晶の塩をつくる.塩の多くは水に可溶性である.イオンは錯体をつくりにくいが,クラウンエーテルクリプタンドとは安定な錯体を形成する.各元素の性質を比較して下表に示す.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アルカリ‐きんぞく【アルカリ金属】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルカリ金属」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルカリ金属の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.