Rakuten infoseek

辞書

アルカラ-デ-エナレスの大学と歴史地区【アルカラデエナレスのだいがくとれきしちく】

世界遺産詳解

アルカラデエナレスのだいがくとれきしちく【アルカラ-デ-エナレスの大学と歴史地区】
1998年に登録された世界遺産(文化遺産)。スペイン中央の首都マドリード自治州東部に位置する、大学を中心として計画的に造られた世界最初の学術都市である。小説『機知あふれる騎士 ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』の作者ミゲル・デ・セルバンテスの生誕地としても知られる町である。15世紀末から16世紀初頭にかけて大学都市の建設が始まり、1499年にサン・イルデフォンソ学院が創設、1508年に大学が開講された。印刷技術が持ち込まれた後には、世界初の多言語対訳聖書が刊行されている。大学は1836年にマドリードに移転され(現在のマドリード・コンプルテンセ大学)、アルカラ・デ・エナレスの町は徐々に衰退していったが、1977年に地元念願のアルカラ大学が開校している。ヨーロッパで最初の計画的な大学都市であることなどが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はUniversity and Historic Precinct of Alcalá de Henares

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アルカラ-デ-エナレスの大学と歴史地区」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アルカラ-デ-エナレスの大学と歴史地区の関連情報

関連キーワード

多和田葉子平山郁夫[各個指定]工芸技術部門朝鮮民主主義人民共和国エクソンモービル小渕恵三内閣グリーンランドゴダール(Jean-Luc Godard)植物ホルモンシーラカンス(建築事務所)

他サービスで検索

「アルカラ-デ-エナレスの大学と歴史地区」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.