Rakuten infoseek

辞書

アリー効果【アリーコウカ】

デジタル大辞泉

アリー‐こうか〔‐カウクワ〕【アリー効果】
alle effect》生物集団の個体密度が繁殖率や生存率に及ぼす現象の一つ。個体密度の増加に伴って生物集団中の個体の適応度が増加する現象をいう。名称は、提唱した米国の生態学者の名前に由来。個体数や個体密度が低下すると、交配相手が減少したり外敵の襲撃から逃れにくくなるため繁殖・生存が困難になり、絶滅の危機が増大するとされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

法則の辞典

アリー効果【Allee effect】
動物の生存における密集効果のうちプラスの効果のこと.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリー効果」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アリー効果の関連情報

関連キーワード

マスメディア行動薬理学実験法プライミング効果ウミスズメ姫海雀価格効果・所得効果ピグマリオン効果動物心理物理学記憶

他サービスで検索

「アリー効果」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.