Rakuten infoseek

辞書

アリストテレスの錯覚【アリストテレスのさっかく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アリストテレスの錯覚
アリストテレスのさっかく
Aristotle's illusion
人差指と中指を交差させ,その間にや棒などの小さな物をはさむと,それが2個あるように感じられる錯覚のこと。アリストテレスがこの現象を記述している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アリストテレスのさっかく【アリストテレスの錯覚 Aristotle’s illusion】
触覚に関する錯覚の代表例。手の指を交差させて,その間に豆や棒を挟むと,豆が2個あるいは棒が2本に感じられる錯覚。2本の指で物をつまむように二つの皮膚感覚装置に単一の刺激を作用させる際,指を交差させて物に触れるような,常態と違った対応点に刺激を受けると,感覚が二つになって感じられるため,指自体の位置の定位にも変化が起こるからと考えられている。【中根 晃】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

アリストテレスの錯覚」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アリストテレスの錯覚の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.