Rakuten infoseek

辞書

アリスタルコス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アリスタルコス
Aristarchos
聖人。テサロニカの人。パウロの弟子。パウロに従ってローマへ行く。『コロサイ人への手紙』 (4・10) および『使徒行伝』 (19・29,20・4,27・2) に言及されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アリスタルコス【Aristarchos】[古代ギリシャの天文学者]
[前310ころ~前230]古代ギリシャの天文学者。サモスの人。地動説を提唱、コペルニクスに強い暗示を与えた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリスタルコス【Aristarchos】[アレクサンドリアの文献学者]
[前217~前145]アレクサンドリア文献学者。サモトラケの人。ホメロスなどの注解をした。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アリスタルコス【Aristarkhos】
前310頃~前230頃) 古代ギリシャの天文学者。サモス島の人。地動説をはじめて提唱。
前217頃~前145頃) アレクサンドリアの文献学者。サモトラケ島に生まれた。ホメロス・ヘシオドス・アルカイオス・ピンダロスなどのテキストを校訂・注釈した。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アリスタルコス
(Aristarkhos)
[一] 古代ギリシアの天文学者。コペルニクスの地動説の先駆者。また、月の上弦、下弦の観測から、地球から太陽への距離は、月への距離の約二〇倍と結論した。(前三一〇‐前二三〇
[二] 古代ギリシアの文献学者。アレキサンドリアの図書館長。特に、ホメロスなどギリシア詩の注釈・校訂を行なった。(前二一七‐前一四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリスタルコス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アリスタルコスの関連情報

他サービスで検索

「アリスタルコス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.