Rakuten infoseek

辞書

アラン アーキン

20世紀西洋人名事典

アラン アーキン
Alan Arkin


1934.3.26 -
米国の俳優。
ニューヨーク生まれ。
学生時代に結成した「ザ・タリアーズ」が人気を得て、ミュージシャンとして有名になる。1959年クリスタル・パレス劇場でデビュー、「From the Second City」(’61年)でオフ・ブロードウェイに進出。ブロードウェイの「Enter Laughing」でトニー賞を受賞する。映画デビュー作の「アメリカ上陸作戦」でアカデミー助演男優賞候補になる。多才で、舞台演出や映画監督、写真家としても活躍している。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

現代外国人名録2012

アラン アーキン
Alan Arkin

国籍
米国

専門
俳優;音楽家;脚本家;映画監督;童話作家

本名
Alan Wolf Arkin

生年月日
1934/3/26

出生地
米国 ニューヨーク市

学歴
ベニントン大学

経歴
ロサンゼルス市立大学、州立大学を経てバーモント州のベニントン大学で演劇を専攻。ミュージシャンとして有名になったのち、1959年舞台デビュー。やがてブロードウェイに進出。’63年ブロードウェイの「Enter Laughing」で成功し、トニー賞を受賞。’66年「アメリカ上陸作戦」で映画デビュー、いきなりアカデミー賞助演男優賞にノミネート。その後「暗くなるまで待って」(’67年)「愛すれど心さびしく」(’68年)「キャッチ22」(’70年)などの作品で個性派俳優として知られるように。2007年「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年)でアカデミー賞助演男優賞を受賞。他の出演作に映画「あきれたあきれた大作戦」(’79年)「50歳の恋愛白書」(2009年)など。ギターやフルートなどをこなす音楽家でもあり、脚本家、映画監督(「殺人狂想曲」’71年)、童話作家としても活躍。著書に「レミング物語」「カウンセリング熊」など。

受賞
アカデミー賞助演男優賞(第79回,2006年度)〔2007年〕「リトル・ミス・サンシャイン」 トニー賞(助演男優賞,第17回)〔1963年〕「Enter Laughing」;ゴールデン・グローブ賞(ミュージカル・コメディ主演男優賞,第24回,1966年度)「The Russians Are Coming,The Russians Are Coming」;オビー賞(演出賞,1969〜70年度)「White House Murder Case」

出典:日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)
(C) 2012 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラン アーキン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アラン アーキンの関連情報

関連キーワード

清水宏島津保次郎伊藤大輔村田実山本嘉次郎伊丹万作稲垣浩衣笠貞之助シュペーア山中貞雄

他サービスで検索

「アラン アーキン」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.