Rakuten infoseek

辞書

アランフェスの王宮【アランフェスのおうきゅう】

世界の観光地名がわかる事典

アランフェスのおうきゅう【アランフェスの王宮】
スペインの首都マドリードの南約48km、マドリード州南部の都市アランフェス(Aranjuez)にある、ロドリーゴ作曲の「アランフェス協奏曲」で知られるスペイン王室の宮殿。マドリードのアトーチャ駅からアランフェス駅まで電車で約45分、駅から徒歩で15分ほどの場所にある。この宮殿は、1561年、当時のサンティアゴ騎士団長が所有していた宮殿の跡地に、フェリペ2世によって建設が命じられ南塔と礼拝堂の建設が行われたが、王宮の建設が始まったのは17世紀半ばで、その完成は18世紀に入ってからだった。その後、拡張が行われたが、たび重なる火事に見舞われ、何度も修復を繰り返しながら今日に至った。現在の王宮の建物は1778年に修復されたもので、バロック様式ルネサンス様式が調和した美しい建物で、タホ川に沿って、彫像のあるバルテレ庭園、噴水が配置されたイスラム庭園、英国式のプリンシペ庭園(王子の庭園)など、多彩な庭園がある。世界遺産に登録されている。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アランフェスの王宮」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アランフェスの王宮の関連情報

関連キーワード

アッツ[島]愛知川バイカル[湖]バターン半島松本盆地三面川トヨダAA型インディペンデンスヴェリンガラ・リング構造インドの山岳鉄道群

他サービスで検索

「アランフェスの王宮」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.