Rakuten infoseek

辞書

アランフェスの文化的景観【アランフェスのぶんかてきけいかん】

世界遺産詳解

アランフェスのぶんかてきけいかん【アランフェスの文化的景観】
2001年に登録された世界遺産(文化遺産)。アランフェスは、スペイン中央部、首都マドリードから南に約40kmほどのところにあるマドリード自治州南部の都市である。スペイン王室の離宮と庭園がある町として知られている。この離宮と庭園、町並みを含む一帯が世界遺産に登録されている。離宮は1561年、当時のサンティアゴ騎士団長が所有していた宮殿の跡地に、フェリペ2世によって建設が命じられ、南塔と礼拝堂の建設が始まったが、宮殿はその後長い間着工せず、離宮の建設が始まったのは17世紀半ばになってからのことである。そして、その完成はカルロス3世の治世の18世紀後半であった。離宮正面に「王宮公園」、宮殿北側に「島の庭園」、東に「王子の庭園」が配置されている。◇英名はAranjuez Cultural Landscape

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アランフェスの文化的景観」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アランフェスの文化的景観の関連情報

関連キーワード

アトリエ・ワン危機藤本義一みかんぐみ西沢立衛ハディド奈良美智黒沢清[各個指定]芸能部門[各個指定]工芸技術部門

他サービスで検索

「アランフェスの文化的景観」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.