Rakuten infoseek

辞書

アラミド

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アラミド
aramid
芳香族ポリアミド繊維の別称。2つのベンゼン核を直接に結んでいるアミド結合の割合が 85%以上を占める長鎖状の合成ポリアミドからつくられている繊維。長鎖状の分子が通常の脂肪族系のナイロンよりも剛直になるために,一般に耐熱性能にすぐれ,工業用資材として多用される。ポリメタフェニレンイソフタルアミドを好例とするメタ型と,ポリパラフェニレンテレフタルアミドを好例とするパラ型に区分され,メタ型は耐熱性,難燃性にすぐれ,航空機内外装,防護服タイヤコードやロープなどの工業用資材に活用される。パラ型は高強度,高弾性を特徴とし,航空機,レーシングカー,スポーツ用具などの軽量化複合材料をはじめ,タイヤ,ベルト,セメントなどの補強複合材料などとしても利用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あらみど【アラミド】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アラミド
あらみど
aramid
芳香族ポリアミドのことで、1960年代後半以降、新しいポリアミドとして脚光を浴びている。同じポリアミドだがナイロンと性質が大きく異なるため、ナイロンと区別してアラミドという一般名が与えられている。骨格の構造中にベンゼン環をもった芳香族ポリアミドは脂肪族ポリアミド(代表的合成繊維はナイロン)よりも融点、弾性率が高く高温特性が良好であるために、耐熱性繊維、タイヤコード、その他産業用資材として用いられている。たとえばノーメックスNomexはデュポン社で開発された芳香族ポリアミドの耐熱性繊維である。紡糸は、生成したポリアミドを塩化リチウムを5%含有したジメチルホルムアミドなどに溶解して乾式紡糸をする。酸化剤、酸、アルカリ、高エネルギー放射線に対する抵抗性が大きく、耐熱性は300℃で1時間保持しても約50%の強度を残留している。耐熱絶縁紙に利用されることが多い。さらにデュポン社は、より結晶性の高いケブラーKevlarという芳香族ポリアミドを市販し始めた。パラフェニレンジアミンとテレフタロイルクロライドの脱塩酸ポリ縮合でつくられたものである。その強度と弾性率はナイロン6,6に比べてきわめて大きな値を示す。耐熱性繊維またはFRP(繊維強化プラスチック)用繊維、タイヤコードなどに用いられつつある。芳香族ポリアミド繊維の開発競争は激しく、各社からより高性能のものが発表されており、その市場規模を拡大している。[垣内 弘]
『藤重昇永著『不思議なエンジニアリング・プラスチック――繊維から歯車まで』(1985・読売新聞社) ▽功刀利夫ほか著『高強度・高弾性率繊維』(1988・共立出版) ▽福本修編『ポリアミド樹脂ハンドブック』(1988・日刊工業新聞社) ▽高分子学会編『高性能芳香族系高分子材料』(1990・丸善) ▽秋浜繁幸著『繊維補強コンクリート――新素材繊維を中心として』(1992・鹿島出版会) ▽村橋久弘ほか編著『連続繊維による補修・補強――炭素繊維・アラミド編』(2000・理工図書)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アラミド」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アラミドの関連情報

他サービスで検索

「アラミド」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.