Rakuten infoseek

辞書

アユタヤ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アユタヤ
Ayutthaya
正式名称はプラナコンシアユタヤ Phra Nakhon Si Ayutthaya。タイ中部,バンコク北方 75kmにある町。アユタヤ県の県都。パーサック川チャオプラヤー川左岸の分流ロッブリー川に合流する地点にある。 1350~1767年アユタヤ朝首都として繁栄。 18世紀中頃ビルマ軍の侵攻を受けて王宮や大寺院は破壊されたが,ラートブルナ寺,マハータート寺などの数々の遺跡が残り,周辺の遺跡群とともに 1991年世界遺産の文化遺産に登録。 17世紀初頭には日本町があり,1500人以上の日本人が居住したといわれ,山田長政の記念碑がある。稲作地帯の商業中心地の一つで,バンコクから鉄道,道路が通じている。人口6万 511 (1986推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

アユタヤ
51の歴史的な建造物遺構を含む約3平方キロが「古都アユタヤ」として1991年に世界遺産に登録された。チャオプラヤ川など四方を川に囲まれ、14~18世紀にかけてアユタヤ王朝の首都として栄えた。
(2011-10-07 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

アユタヤ(Ayutthaya)
タイ中部の古都。首都バンコクの北約60キロメートル、チャオプラヤー川支流の川中の島にある。1350年から1767年にかけてアユタヤ朝の都が置かれ、東南アジア有数の交易港として栄えた。稲作が盛ん。1991年、かつての王宮や寺院などがあるアユタヤ歴史公園をはじめ、周辺の古都が、「古都アユタヤ」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アユタヤ【Ayutthaya】
タイ中部の都市。人口6万1000(1990)。メナム,ロッブリー,パーサック3河川の合流点に位置し,バンコクから鉄道で約65km北方にある。メナム川水上交通の要衝であり,市街は運河水路に囲まれた島状になっている。1351年ラーマティボディ1世によって建設され,1767年ビルマ軍の攻撃によって陥落するまでの400年余にわたり,アユタヤ朝の首都として繁栄をきわめた。強大なアユタヤ朝の富は外国貿易によって築かれ,特に17世紀以降,アユタヤは東南アジアにおける最大の貿易基地となった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アユタヤ【Ayutthaya】
タイ、バンコクの北、チャオプラヤ川の下流域にある古都。アユタヤ朝の首都。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アユタヤ
あゆたや
Ayutthaya
タイ中部、アユタヤ県の県都。首都バンコクの北約60キロメートル、チャオプラヤー、パサック、ロプブリーの3河川が合流する地点の川中島にある。人口7万5916、同名の県の人口は72万7277(2000)。かつての王都で、1350年ウートング侯がこの地で即位してラーマティボディ1世となり、アユタヤ朝を開いた。アユタヤ朝は、1767年ビルマ(現ミャンマー)に攻略されるまでの約400年間、インドシナ半島中央部の強国として栄えた。当時は東南アジアにおける主要な海外交易港で、諸外国人が往来し、日本人町もあった。またアユタヤ周辺のデルタは広大な浮稲(うきいね)地域で、その安定した稲作は王朝の経済基盤であった。現在も稲作が盛んで、大穀倉地域を形成する。また河川、人工水路により舟運が発達している。旧王都として数多くの遺跡のほか、国立博物館もあり、国外から多くの観光客が訪れる。1991年に周辺の古都とともに世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[友杉 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アユタヤ
(Ayǔtthǎya) タイ中部、メナム(チャオプラヤ)川下流に位置する古都市。一三五〇年の建設以来、一七六七年まで、歴代タイ国の首都。一六世紀から諸国の商船同地を訪れ、日本人町が栄え、山田長政が活躍した。アユチャ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アユタヤ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アユタヤの関連情報

関連キーワード

メンライ王像カオプラウィハーン国立公園カオプラテオ国立公園ドゥシットマハプラサート宮殿プープラバート歴史公園プラスメン砦プラナーラーイラーチャニウェート宮殿プラナコンキリ歴史公園プラプッタチャーイ国立公園ワットプラケオ〈バンコク〉

他サービスで検索

「アユタヤ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.