Rakuten infoseek

辞書

アモントンの法則(ゲイリュサックの法則)

法則の辞典

アモントンの法則【Amonton's law】
常温常圧における気体の熱膨張係数は,気体の種類によらずほとんど同一の値となる.フランスのアモントン(G. Amonton,1663-1705)の発見 (1703) になるが,1801年にゲイリュサックがもっと精密な測定を行って,この熱膨張率は(1/273.15),すなわち絶対温度目盛で表した氷点の温度の逆数に等しいことを示したので,現在ではゲイリュサックの法則*(第一法則),またはシャルルの法則*の名で呼ばれることが多い.もっともフランスの文献などでは,「アモントンの法則(loi d'Amonton)」が現在でもよくみられる.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アモントンの法則(ゲイリュサックの法則)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アモントンの法則(ゲイリュサックの法則)の関連情報

他サービスで検索

「アモントンの法則(ゲイリュサックの法則)」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.