Rakuten infoseek

辞書

アメリカ領サモア【アメリカりょうサモア】

デジタル大辞泉

アメリカりょう‐サモア〔‐リヤウ‐〕【アメリカ領サモア】
American Samoa》南太平洋、サモア諸島東部を占めるアメリカ合衆国自治領サモア独立国(旧西サモア)の南東に位置する。主島ツツイラ島に首都パゴパゴがある。ほか、マヌア諸島、ローズ島、スウェインズ島などの島々からなる。人口5.8万(2006)。東サモア。アメリカンサモア

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アメリカりょうサモア【アメリカ領サモア American Samoa】
西ポリネシア,サモア諸島の東半部で,アメリカの非併合領土。人口5万9000(1996)。主都パゴ・パゴのあるトゥトゥイラ島および他の六つの小島をあわせ面積197km2,淡路島の1/3である。いずれの島も中央部に高く山がそそり立ち,平地部分が少ない。熱帯貿易風気候で,1年を通じ高温多湿である。サモア人はポリネシア人種に属し,アウストロネシア語族ポリネシア語の一分枝としてのサモア語を話す。英語が普及しているが,家族内ではサモア語を用いており,政府も2ヵ国語教育をめざしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アメリカ領サモア
あめりかりょうさもあ
American Samoa
太平洋、サモア諸島のうち、西経171度以西のサモア(旧西サモア国)に対して、その東側にある島々をいう。東サモアEastern Samoaともいう。主島のツツイラTutuila島に首都パゴパゴがあり、以下、アウヌウAunuu島、タウTau島、オフOfu島、オロセガOlosega島、ローズRose島、スウェインズSwains島の7島からなり、タウ、オフ、オロセガの3島をマヌアManua諸島という。総面積197平方キロメートル、人口5万7291(2000)。その大部分がアメリカン・サモア人といわれる混血で、このほか、フィリピン人、韓国人、中国人などのアジア人と、アメリカ、ニュージーランド、オーストラリア人が住む。カカオ、バナナの栽培、マグロ漁業をはじめ、林業や酪農も行われる。1872年にアメリカ海軍の補給基地となったが、イギリス、ドイツなどと領有権争いが起こり、1889年のベルリンの会議で共同保護化、1899年西サモア(現、サモア)をドイツ領、東サモアをアメリカ領とした。[大島襄二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメリカ領サモア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アメリカ領サモアの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.