Rakuten infoseek

辞書

アメリカ図書館協会倫理綱領【あめりかとしょかんきょうかいりんりこうりょう】

図書館情報学用語辞典

アメリカ図書館協会倫理綱領
アメリカ図書館協会評議会において採択された倫理綱領.アメリカ図書館協会は1938年に初めて28か条からなる倫理綱領を制定して以来,1975年,1981年,1995年,2008年と改定を重ねてきた.1938年綱領では図書館に勤務するすべての職員であった綱領の適用範囲は,1975年と1981年の綱領では専門職に限定され,専門職業倫理としての性格を強くした.しかし,1995年綱領では,専門職およびその他の図書館職員,その他の情報サービス専門職,図書館委員会の構成員に再び拡大されている.2008年の綱領は全8か条からなり,最高水準のサービスの提供,知的自由の原則の支持,利用者のプライバシーの保護,知的財産権の尊重,専門職としての知識や技量の向上への取組みなどを定めている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アメリカ図書館協会倫理綱領」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アメリカ図書館協会倫理綱領の関連情報

他サービスで検索

「アメリカ図書館協会倫理綱領」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.