Rakuten infoseek

辞書

アムール川【アムールがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アムール川
アムールがわ
reka Amur
ロシアと中国の国境を流れたのちオホーツク海に注ぐ大河。中国名ヘイロン (黒竜) 江。東流してくるシルカ川と北東流してくるアルグン川 (中国ではエルグン〈額爾古納〉川) が,ロシア東部のザバイカリスキー地方東端,中国との国境で合流してアムール川となり,ハバロフスクまで国境を南東流,東流したのち,ハバロフスク地方を北東流してタタール海峡のアムール湾に注ぐ。全長 2824km。アルグン川の水からは約 4424km。流域面積約 185万5000km2。上流部は主として山地の河谷を流れ,中流部でゼーヤブレヤ平原に出るが,右岸にはシヤオシンアンリン (小興安嶺) 山脈が迫る。下流部は大部分湿地帯を流れ,ところどころで分流し,沿岸には多数の湖沼が分布する。11月~5月は結氷。おもな支流は左岸のゼーヤ川ブレヤ川アムグン川,右岸のソンホワ (松花) 江ウスリー川。沿岸主要都市はロシアのブラゴベシチェンスク,ハバロフスク,コムソモーリスクナアムーレ,ニコラエフスクナアムーレ,中国のモーホー (漠河) ,フーマー (呼瑪) ,ヘイホー (黒河) 。不凍期には全長航行可能で,並行するシベリア横断鉄道とともに農産物,水産物,原油などを運ぶ大動脈となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アムール‐がわ〔‐がは〕【アムール川】
AmurАмур》モンゴル高原に源を発し、ロシア連邦と中国の国境をなして流れる大河。間宮海峡に注ぐ。長さ4416キロ。中国では黒竜江と呼ぶ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アムール川
あむーるがわ
Амур Amur
ロシア、中国、モンゴルの3国にまたがり、ロシアと中国との国境をなして流れる世界屈指の大河。中国では黒竜江(ヘイロンチヤン)または黒河(こくが)(ヘイホー)という。源流オノン川が、モンゴル高原のヘンテイ山脈北麓(ほくろく)に発し、ネルチンスク付近でヤブロノイ山脈を源とするシルカ川に合流する。シルカ川は漠河(ばくが)の西でヘンテイ山脈の南麓に発するアルグン川と合流してアムール川となる。これより中ロ国境を北東から南東に流路を変え、ブラゴベシチェンスクで左岸からゼヤ川を合流し、このあたりで渓流から緩やかな流れに変わって、沿岸平野のなかで蛇行を繰り返す。途中、右岸から松花江、さらにハバロフスクでウスリー江をあわせて北東に転じ、ニコラエフスク・ナ・アムーレ付近で間宮海峡(タタール海峡)に注ぐ。
 ハバロフスク付近から河口に至るまでの約950キロメートルは、両岸に泥炭地や湿原が多く、川幅も10キロメートルに達する。全長4350キロメートル(アルグン、シルカ合流点より下流では2824キロメートル)、流域面積185万5000平方キロメートルで、東北アジア最大。水量は豊富で、モンスーンの影響を受ける夏から秋にかけて高水期を迎える。冬期の10月上旬から4月下旬にかけては結氷し、最低水位となる。本・支流とも結氷期以外は航路として利用され、極東、沿海地方の一大交通動脈となっている。沿岸にはコムソモリスク、ハバロフスクなどの都市の発達をみるが、いずれもロシア側で、中国側には黒河のほかにみるべき都市がない。サケ、マス、コイ科の魚、チョウザメなど魚族に恵まれ、年間の漁獲量が多い。[村田 護]

歴史

黒竜江が中国史上に名をみせるのは南北朝のころで、南の長白山に対する北の黒水として現れる。隋(ずい)・唐時代には、黒水靺鞨(まっかつ)の居住地として知られたが、黒竜江が歴史上重要性をもつのは、ロシア人が極東に進出した17世紀以降で、河川交通路として重要な役割をもつ黒竜江の沿岸地方では、清(しん)・ロシア両勢力の衝突が繰り返される。1689年ネルチンスク条約により、清・ロシア国境はアルグン川―外興安嶺(こうあんれい)と定められたが、19世紀に入ってロシアはふたたび南下して黒竜江の沿岸を占領し、1858年に愛琿(アイグン)条約を結んで黒竜江北岸の地を得、同時に黒竜江の航行権を獲得した。さらに1860年、北京(ペキン)条約で沿海州が割譲され、現在の国境が定められた。[村田 護]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アムール‐がわ ‥がは【アムール川】
(アムールは Amur 「黒い川」の意) ロシアと中国の国境付近を流れる大河。モンゴル北部のオノン川とシルカ川を源流とし、東流してタタール海峡に注ぐ。全長四三五〇キロメートル。黒龍江。黒河。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

アムール川
アムールがわ

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アムール川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アムール川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.