Rakuten infoseek

辞書

アムンゼン‐スコット基地【あむんぜんすこっときち】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アムンゼン‐スコット基地
あむんぜんすこっときち
Amundsen-Scott Station
南極点基地ともいう。アメリカが必要物資をすべて空輸し、1957年1月24日、南極点に開設した観測基地。南極点への初到達を争った2人の名にちなんでいる。標高2835メートル、氷の厚さ約2800メートル。年平均気温は零下約49℃。堆雪(たいせつ)のため現在の基地は2代目で、建物の多くは直径約50メートルのドームに覆われている。女性を含む20人程度が毎年越冬している。[楠 宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アムンゼン‐スコット基地」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アムンゼン‐スコット基地の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.