Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

アミノ安息香酸【アミノあんそくこうさん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アミノ安息香酸
アミノあんそくこうさん
amino benzoic acid
化学式 C6H4(NH2)(COOH) 。置換基の相互位置によって次の3異性体がある。 (1) o -アミノ安息香酸 アントラニル酸の別称。 (2) m -アミノ安息香酸 融点 174℃。冷水に難溶,エチルアルコール,エーテルに可溶。染色中間体として利用できる。 (3) p -アミノ安息香酸 微生物の成長に必要な因子。ビタミンB 群の一員として知られ,葉酸の構成成分である。融点 186~187℃の結晶。水,エチルアルコール,エーテルに可溶。ネズミにビタミンB群欠乏食を与えるとき現れる毛髪の灰色化を防止するので,ネズミの抗白毛症因子と呼ばれる。また乳酸菌の発育に必要なことから,その発育因子ビタミン Bx とかビタミン H' とも呼ばれたことがある。工業的には染料中間体となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アミノあんそくこうさん【アミノ安息香酸 aminobenzoic acid】
(化学式)最も簡単な芳香族アミノカルボン酸。o‐,m‐,p‐の3種の異性体がある。
o‐アミノ安息香酸]
 アントラニル酸別名
m‐アミノ安息香酸]
 3種の異性体中それほど重要ではない。融点177.9℃,冷水にわずかに溶け,水溶液は空気中で褐色に変わる。
p‐アミノ安息香酸]
 融点187~187.5℃,熱水,アルコールエーテルに溶ける。純品は無色であるが,空気または光により黄変し,ときには黄赤色を呈するに至る。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アミノ安息香酸
あみのあんそくこうさん
aminobenzoic acid

芳香族アミノ酸の一つ。アミノ基-NH2とカルボキシ基-COOHの置換位置により、o(オルト)、m(メタ)、p(パラ)の3種の異性体があるが、m置換体はさほど重要でない。o置換体はアントラニル酸とよばれる。

[山本 学]

p-アミノ安息香酸

抗白毛症因子ともいう。ビタミンB複合体の一つとして天然に存在している。淡黄色の結晶。p-ニトロ安息香酸を、鉄と塩酸で還元して得る。水、エタノール(エチルアルコール)、エーテルに可溶。合成染料の中間体となるほか、薬用化粧品、日焼け止めなどの医薬品の合成原料となる。この化合物のエステルには、局所麻酔薬として知られているものが多い。

[山本 学]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アミノ安息香酸
アミノアンソクコウサン
aminobenzoic acid

C7H7NO2(137.14).H2NC6H4COOH.o-,m-,p-アミノ安息香酸の3種類の異性体があるが,o-アミノ安息香酸は,普通,アントラニル酸とよばれる.【m-アミノ安息香酸:3-アミノ無水フタル酸を酸と加熱すると,カルボキシル基一つが脱離して生じる.結晶.融点174 ℃.水に難溶.無機酸と可溶性の塩をつくる.[CAS 99-05-8]【p-アミノ安息香酸:ビタミンB複合体の一つとして天然に広く分布している.p-ニトロ安息香酸を還元して合成される.黄赤色の結晶.融点187 ℃.水に難溶(1 g/水170 mL,25 ℃).pKa 4.65~4.80.この化合物のエステルにはアネステシン,プロカインなど局所麻酔剤として知られているものが多い.そのほか染料の合成中間体としても使われる.[CAS 150-13-0]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アミノ安息香酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アミノ安息香酸の関連情報

関連キーワード

カルボン酸フタル酸エステルサルファ剤縮合酵素ヘパリンアミノ酸イオン(原子)アラニンアミノ糖アミノ酪酸

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.