Rakuten infoseek

辞書

アマルフィ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アマルフィ
Amalfi
イタリア南部,カンパーニア州サレルノ県,サレルノ西南西約 15km,サレルノ湾北岸にある港町ビザンチン帝国の支配下に入ってから港町として栄え,9世紀にはピサに対抗する海洋共和国として繁栄したが,1135年と 1137年にピサによって破壊され,衰退。美しい海岸にある絵のような古い町で,1997年世界遺産の文化遺産に登録されたイタリア有数の観光地,保養地。なかでも9世紀創建のサンタンドレア聖堂は白と黒の石のファサード (19世紀修復) をもつロンバルド・ノルマン風の建物で,壮麗な青銅の戸口は 1066年頃にコンスタンチノープル (現イスタンブール) でつくられたもの。食品工業がある。人口 5585 (1991推計) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アマルフィ(Amalfi)
イタリア南部、カンパニア州の小都市。ソレント半島南岸に位置し、世界遺産に登録されたアマルフィ海岸の観光拠点として知られる。東ローマ帝国の宗主権下における海洋都市国家アマルフィ公国が、10世紀から11世紀にかけて地中海貿易を支配して発展したが、12世紀のノルマン人支配により衰退。イタリア半島で最も早く製紙法が伝わったため、13世紀に製紙業が始まり、現在も特産品として手漉(てす)き紙が知られる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

アマルフィ
真保裕一の長編小説。2009年刊行。海外での邦人保護をテーマにしたサスペンス。イタリアを舞台にした、外交官・黒田康作シリーズの第1作。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アマルフィ【Amalfi】
イタリア南部,カンパニア州,サレルノ湾に臨む景勝地,保養地。人口5900(1990)。4世紀にローマ人の開いた町という。9世紀にはベネチアジェノバと肩を並べ,とくに11世紀には〈海の共和国〉として東方交易で栄えたが,12世紀にノルマンに征服された。海の民の名にふさわしく,アマルフィの住民はヨーロッパで他にさきがけて,すでに12世紀末から航海磁石を使用していた。共和国時代の商法である〈ターブラ・アマルフィターナ〉が保存されている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

アマルフィ
あまるふぃ
Amalfi
イタリア南部、カンパニア州サレルノ県の小都市。ソレント半島南岸にある。人口5421(2001国勢調査速報値)。現在みるべき産業はなく、観光地となっている。しかし、10~11世紀にはビザンティン帝国の宗主権下にある海港都市として活発な商業活動を行っていた。この点でベネチアの初期の歴史に似ている。しかし後背地に恵まれず、11世紀末以降ノルマンの支配下に入ってしだいに衰えた。ノルマン様式の美しい大聖堂と鐘楼がある。[清水廣一郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アマルフィ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アマルフィの関連情報

他サービスで検索

「アマルフィ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.