Rakuten infoseek

辞書

アマルガム

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アマルガム
amalgam
水銀と他金属との合金カドミウムなどの低融点金属はよく水銀に溶け,金,銀,もある程度は溶けるが,ニッケルなどの高融点金属はアマルガムをつくらない。水銀の多いアマルガムは軟らかく,語源ギリシア語の málagma (軟膏) といわれている。銅像などに軟らかい金アマルガムを塗り,加熱して水銀を蒸発させると金メッキになり,また鉱石中の金を水銀で抽出することもできる混汞法 (こんこうほう) などの技法は古代エジプト王朝時代から知られていた。いまも銀-スズのアマルガムは歯科用充填材に,また鉛,スズ,ビスマスのアマルガムは鏡面製作に用いられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アマルガム(amalgam)
水銀と他の金属との合金白金・鉄・コバルトニッケルマンガンなどを除く、ほとんどの金属と合金を作る。汞和金(こうわきん)。
融合したもの。入りまじったもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アマルガム【amalgam】
水銀と他の金属との合金。名称は〈やわらかい物質〉という意味のギリシア語malagmaに由来する。水銀は,マンガン,鉄,コバルト,ニッケルなどの少数の金属を除き,多くの金属を溶かして合金をつくる。とくに金,銀,亜鉛,カドミウム,鉛,ナトリウム,カリウムなどとはアマルガムをつくりやすい。多くは水銀中に金属片または金属粉を加えるだけでアマルガムを生ずるが,温めるとさらにできやすい。また水銀を陰極として金属塩水溶液を電解してつくるとよいアマルガムが得られる場合もある(ナトリウムなど)し,水銀塩水溶液に金属(たとえば銅)を浸してつくることもある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アマルガム【amalgam】
水銀と他の金属との合金の総称。スズや銀のアマルガムは歯科治療に用いる。汞和金こうわきん白金・鉄・ニッケル・コバルト・マンガンなどはアマルガムにならない
転じて、異なったものが融合したようすをたとえていう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アマルガム
あまるがむ
amalgam
水銀と他の金属との合金。「柔らかいもの」というギリシア語に由来する。普通は柔らかい糊(のり)状の固体であるが、水銀の分量が多ければ液状となる。タリウム、カドミウム、鉛などの低融点金属は水銀によく溶解するので、一般にアマルガムという場合にはこれらの合金をさす場合が多い。銀スズ合金のアマルガムは歯科用充填(じゅうてん)材として広く用いられているが、近年その使用量は減少傾向にある。鉛、ビスマス、スズのアマルガムは鏡面製造に利用される。なお、アマルガムは加熱すると水銀が揮発放出されて合金元素が残るので、これを利用して金属の製錬(アマルガム製錬)に利用されることがある。「同化する」という英語amalgamateはこれに由来する。[及川 洪・三島良續]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アマルガム
〘名〙 (amalgam amalgame)
① 水銀と他の金属との合金の総称。白金・鉄・コバルト・ニッケル・マンガンなどを除く、ほとんどの金属と合金を作る。歯科用のものは主に銀とスズの合金のアマルガムを使う。〔博物学階梯(1877)〕
② (比喩的に) 複数の異種のものが融合したものをいう。
※福音的基督教(1927)〈高倉徳太郎〉五「しかし彼の主張した基督教もまた聖書の宗教と当時のドイツ文化との合金(アマルガム)のごときもので」
[語誌]江戸時代末期の文献(馬場貞由「泰西七金訳説」)には「アマルガマ」という形が見える。これはオランダ語(amalgaam, amalgama)に由来するもの。明治になると英語 amalgam から「アマルガム」が学校の教科書などに現われ、一般化する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

アマルガム
アマルガム
amalgam

水銀とほかの金属との合金.水銀と金属を直接接触させたり,水銀を陰極として金属塩溶液を電解すると得られる.水銀と金属との割合により,液状,ペースト状,固体状のものがある.化学的には,アルカリ金属のアマルガムのように金属自体より反応性が弱くなる場合と,亜鉛,アルミニウムのアマルガムのように酸化物皮膜の生成が妨げられて反応が活発になる場合とがある.金,銀の製錬にはアマルガム化が利用され,銀,スズのアマルガムは歯の充填材料,鉛,スズのアマルガムは鏡面の製作に,ナトリウム,亜鉛のアマルガムは還元剤として用いられる.また,水銀を陰極としたアンモニウム塩の液体アンモニア溶液の電解や,アルカリ金属アマルガムやアルカリ土類金属アマルガムにアンモニウム塩濃厚溶液を加えることにより,アンモニウムアマルガムが得られる.海綿状で金属光沢を示す.常温では不安定で,アンモニア,水素,水銀に分解する.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アマルガム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アマルガムの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.