Rakuten infoseek

辞書

アマランス

デジタル大辞泉

アマランス(amaranth)
ヒユ科ヒユ属の植物の総称。特にそのうちのハゲイトウをさす。アマランサス
酸性アゾ染料で、酸溶液に溶けて紫色または淡紅色になるもの。羊毛・絹の染色、食料品の着色などに使用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

アマランス
 (1) C20H11N2Na3O10S3 (mw604.48).

 食用赤色2号.食品の着色料.(2) 植物アマランス属.[Amaranthus]属,特に[Amaranthus hypochondriacus]の葉からとる色素で食品の着色料として使う.(3) アマランサスともいう.世界各地で葉や種子を食用にする植物.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アマランス
〘名〙 (amaranth しぼまない花の意)
① 植物「はげいとう(葉鶏頭)」のこと。
※それから(1909)〈夏目漱石〉四「鉢植のアマランスの赤い弁(はなびら)をふらふらと揺(うご)かした」
② 酸性、アゾ染料の一つ。赤紫色の粉末。酸溶液中で紫ないし淡紅色を呈し、羊毛、絹の染色、飲食物、医薬品の着色に用いる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アマランス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アマランスの関連情報

他サービスで検索

「アマランス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.