Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

アポロン神殿【アポロンシンデン】

デジタル大辞泉

アポロン‐しんでん【アポロン神殿】
Naos tou ApollonaΝαός του Απόλλωνα
ギリシャ中部、パルナソス山麓の古代都市デルフォイにある神殿。紀元前6世紀に建造。火災や地震の被害を受けて、その都度再建された。現在は紀元前370年頃の遺構があり、6本の柱が復元されている。幅23メートル、長さ60メートルのドリス式の神殿で、古代ギリシャで最も重要な神託所となった。1987年に「デルフォイの考古遺跡」として世界遺産(文化遺産)に登録された。
ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶデロス島にある神殿跡。ギリシャ神話の太陽神アポロンを祭る。紀元前5世紀から紀元前2世紀にかけて建造。同島の大理石を使ったドリス式の神殿だったが、現在は土台の一部のみが残されている。この神殿跡をはじめとする数多くの遺跡があり、1990年にデロス島が世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アポロン神殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アポロン神殿の関連情報

関連キーワード

アンゲロプロスオリンピアゼウス神殿ゼウス神殿ポセイドン神殿ティベスティ山地カザンザキスコディノスパラマスプレベラキスアンゲロプロス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.