Rakuten infoseek

辞書

アポリネール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アポリネール
Apollinaire, Guillaume
[生]1880.8.26. ローマ
[没]1918.11.9. パリ
フランスの詩人。本名 Wilhelm Apollinaris de Kostrowitzki。イタリア人将校とポーランド貴族出身の母との間に生れた私生子。生涯を通じて前衛的な芸術運動に参加し,ダダ,シュルレアリスムなど新しい詩,芸術の創造に大きな影響を与えた。ピカソとともにキュビスム理論の確立に尽力したことでも知られる。主著,詩集『アルコール』 Alcools (1913) ,『カリグラム』 Calligrammes (18) ,評論『キュビスムの画家たち』 Les Peintres cubistes (13) ,散文詩『腐ってゆく魔術師』L'Enchanteur pourrissant (09) ,小説『虐殺された詩人』 Le Poète assassiné (16) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アポリネール(Guillaume Apollinaire)
[1880~1918]フランスの詩人。ダダイスムシュールレアリスムなどの前衛派の先駆者。詩集「アルコール」「カリグラム」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アポリネール【Guillaume Apollinaire】
1880‐1918
フランスの詩人,小説家,評論家。本名はWilhelm Apollinaris de Kostrowitski。イタリア人貴族を父に,ポーランド亡命王族の娘を母に,私生児としてローマに生まれた。その文学的活動は1899年にパリに出てきたころに始まる。それは,象徴主義の圧倒的な影響のもとに開始され,ドレフュス事件に際しての政治的挫折を経て,いわば象徴主義の閉ざされた風土から自由な生の意識への脱出の模索というふうに規定できるものであって,1900年代のその展開は,詩集《アルコール》(1913),短編集《異端教祖株式会社》(1911)に収められることとなる作品にうかがうことができる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アポリネール【Guillaume Apollinaire】
1880~1918) フランスの詩人。キュービズムの理論的指導者として、ピカソ・ブラマンクらとともに前衛芸術運動を推進した。詩集「アルコール」「カリグラム」など、短編集「異端教祖株式会社」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アポリネール
あぽりねーる
Guillaume Apollinaire
(1880―1918)
フランスの詩人。本名ギヨーム・アルベール・ウラジミール・アレクサンドル・アポリネール・コストロウィツキー。母は亡命ポーランド貴族の娘だったが、父は不明。シチリア王国の退役将校フランチェスコ・コンスタンチーノ・カミロ・フルジー・ダスペルモンであろうと推定されている。したがって、アポリネールはスラブの血を受けた私生児ということになる。1880年8月26日ローマに生まれ、1916年フランスに帰化した。
 少年時代をモナコ、カンヌ、ニースで過ごし、19歳のときパリに出てくる。生活は苦しかったが、ピカソ、ドラン、ルソー、ジャコブ、サルモン、ジャリなど前衛的な若い詩人や画家とつきあう。1903年、サルモンたちと月刊誌『イソップの饗宴(きょうえん)』を創刊、『腐ってゆく魔術師』を連載する。この小説は1909年、最初の著作としてドランの木版入りで刊行される。続いて『サド侯爵作品集』の編集(1909)、自ら「幻想の媚薬(びやく)」と命名し、ゴンクール賞の候補作品となった『異端教祖株式会社』(1910)を世に送る。そして1913年には、2冊の画期的な書物、すなわち詩集『アルコール』と美術論集『立体派の画家たち』によって時代のパイオニアとなる。『アルコール』には、マリー・ローランサンとの悲恋を歌った「ミラボー橋」をはじめ、「地帯」「ふられ男の唄(うた)」「ランダー街の移民」のような革新的な作品が含まれている。また、『立体派の画家たち』が果たした歴史的な意味も大きい。
 1914年7月に第一次世界大戦が始まると、志願してニームの砲兵隊に入った。ルイーズ・ド・コリニー・シャティヨン(通称ルウ)に会う。彼女への思いを綿々とつづった書簡集『ルウへの手紙』(1955刊)は、晩年のアポリネールの姿を知るための貴重な資料である。1916年はチューリヒでトリスタン・ツァラのダダイズム運動がおこった年だが、この年の3月、頭部に負傷し、後送される。二度の開頭手術が行われたほどの重傷だった。戦傷が治ると、ふたたび文学活動を始め、小説『虐殺された詩人』(1916)、シュルレアリスム演劇『ティレシアスの乳房』の上演(1917)、詩集『恋に命を捧(ささ)げよ』(1917)、『カリグラム』(1918)などに成果をみせる。前衛的な詩誌『北南』や『シック』に協力するのもこのころのことで、1917年にバレエ『パラード』のプログラムにおいて初めてシュル・レアリスムSur-ralismeなることばを用いた。このことばは1918年刊行の『ティレシアスの乳房』の序文では、シュルレアリスムSurralismeとなった。また、1917年の講演草稿に手を加え、1918年に発表された詩論『新精神と詩人たち』は、ダダからシュルレアリスムを予言する重要な書物である。1918年5月に結婚したが、同年11月9日、当時流行したスペインかぜにかかって急逝。38歳。[窪田般彌]
『鈴木信太郎・渡辺一民編『アポリネール全集』全1巻(1964・紀伊國屋書店) ▽飯島耕一・窪田般彌編『アポリネール全集』全4巻(1979・青土社) ▽『ユリイカ 特集アポリネール』(1979・青土社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アポリネール
(Guillaume Apollinaire ギョーム━) フランスの詩人・小説家。前衛芸術の旗手となり、超現実主義への道を開いた。著に詩集「アルコール」「カリグラム」など。(一八八〇‐一九一八

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アポリネール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アポリネールの関連情報

関連キーワード

チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)紙幣整理ロダンブラウン地獄の門明治維新オーストラリア・ニュージーランド文学オランダ文学ゾラソロビヨフ(Vladimir Sergeevich Solov'yov)

他サービスで検索

「アポリネール」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.