Rakuten infoseek

辞書

アポクリン腺【アポクリンせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アポクリン腺
アポクリンせん
apocrine gland
2種類ある人間の汗腺の一つ。大汗腺ともいう。エクリン腺が全身に分布して,いわゆるを分泌するのに対し,アポクリンわきの下外陰部肛門周辺,乳輪外耳道など特定の部分だけに存在し,汗の分泌を行うのとは別に,細胞の一部が切れ落ちてその破片が汗の中に混じるという特有の分泌の仕方をする。このため分泌物は特有の臭気をもつことがある。幼児期には発育が悪く,思春期になって急速に発達する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アポクリン‐せん【アポクリン腺】
apocrine汗腺(かんせん)の一。わきの下、乳首、下腹部、肛門の周囲などにあり、思春期以後に発達する。分泌物は体臭のもとになる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アポクリンせん【アポクリン腺 apocrine gland】
分泌機能をいとなむの一種。腺細胞において,分泌物が細胞体外へ放出される方法には,全分泌,離出分泌,開口分泌などがあるが,離出分泌はアポクリン分泌apocrine secretionともいい,アポクリン分泌を起こす細胞群からできた腺をアポクリン腺という。離出分泌とは,細胞表面に大きい細胞質の突起ができて,その根元がくびれて離断し,分泌物になるものである。例としては,腋窩(えきか)の離出汗腺(アポクリン汗腺),耳道腺,乳腺などがあげられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アポクリンせん【アポクリン腺】
腋窩えきか・肛門周囲・外耳道・まぶた・乳暈にゆううんなど、体の特定の部位にある汗腺。性ホルモンの影響を強く受け、思春期に活動が始まる。分泌物には固有の臭気があり、これが体臭となる。大汗腺。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アポクリン腺
あぽくりんせん
皮膚中の汗腺の一種。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アポクリン腺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アポクリン腺の関連情報

他サービスで検索

「アポクリン腺」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.