Rakuten infoseek

辞書

アボメイの王宮群【アボメイのおうきゅうぐん】

世界遺産詳解

アボメイのおうきゅうぐん【アボメイの王宮群】
1985年に登録、2007年に登録内容が変更された世界遺産(文化遺産)で、ベナン南部ズー県、首都ポルト・ノボの北西に位置する。17世紀初頭から約300年にわたり、アボメイ(ダホメ)王国は奴隷貿易により繁栄した。現在は12の宮殿遺跡が点在し、現存する2つの王宮(ゲゾー王と息子のグレレ王の王宮)は1944年以降は歴史博物館として、ゲゾー王時代のタペストリーなどを展示している。これらが、人類の歴史上、重要な時代を例証するものであることから世界遺産に登録された。1984年の竜巻によって大きな損害を受け、1985年に危機遺産リストに登録されたが、世界遺産基金の支援などを受けて、2007年に危機遺産リストから解除された。◇英名はRoyal Palaces of Abomey

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アボメイの王宮群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アボメイの王宮群の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門スペースシャトル飛行記録アゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧

他サービスで検索

「アボメイの王宮群」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.