Rakuten infoseek

辞書

アペリチフ

デジタル大辞泉

アペリチフ(〈フランス〉apéritif)
《「アペリティフ」とも》食欲を増進するために食前に軽く飲む酒。食前酒。⇔ディジェスチフ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アペリチフ【apéritif[フランス]】
食欲増進剤のであるが,一般には食前酒をさす。ふつうワイン系のものとスピリッツ系のものが用いられる。前者にはシャンパン,シェリー,ベルモットなどのほか,ワインをベースにキナ皮その他を加えたビイルbyrrhやデュポネなどがある。後者には,スピリッツをベースにしてアニス,フェンネルその他の薬草,香草を用いたアニゼット,カンパリなどのリキュールがあり,炭酸水や水で割って飲用される。アペリチフに対して,食後に供される食後酒はディジェスチフdigestifと呼ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

アペリチフ
〘名〙 (apéritif) 西洋料理の正餐で、食前に飲む酒。食前酒。
※ふらんす物語(1909)〈永井荷風〉雲「食慾をつけるとか云って、きまって食事の前に飲むアペリチフの一杯」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

アペリチフ【apéritif(フランス)】

アペリティフ。⇒アペリティフ

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アペリチフ
あぺりちふ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アペリチフ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アペリチフの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.