Rakuten infoseek

辞書

アベラール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アベラール
Abailard(Abélard), Pierre
[生]1079. ナント,ル・パレ
[没]1142. クリュニー
フランスの神学者,哲学者。ラテン名 Petrus Abaelardus。唯名論のロスケリヌス,実在論のシャンポーのギヨーム,神学のランのアンセルムスに師事したが,いずれの師とも対立し,論戦によってその名を高めた。パリでのエロイーズとの恋とその悲劇的結末 (1118) は,彼の創作とされる往復書簡と,自伝『わが不幸の物語』 Historia calamitatumによって有名。哲学上は概念論の立場に近く,道徳では意図と良心を重視する。その神学的著作『肯定と否定』 Sic et nonは独特の弁証法的方法ゆえに重要 (→シック・エト・ノン ) 。それを適用した三位一体論が異端とされたほか,晩年にはクレルボーのベルナルドゥスの激しい攻撃を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アベラール(Pierre Abélard)
[1079~1142]フランスのスコラ哲学者・神学者。教会の権威や伝統を大胆に批判。女弟子エロイーズとの恋愛は有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アベラール【Pierre Abélard】
1079ころ‐1142
フランスの初期スコラ神学者,哲学者。ラテン名はペトルス・アベラルドゥスPetrus Abaelardus。ナントに近いパレに生まれた。ロスケリヌスとシャンポーのギヨームに学んだのち,1108年ころパリに出て弟子を集め,神学と哲学(弁証術)を教える。ここで起こったエロイーズHéloïseとの相愛事件は有名である。アベラールは1子をもうけたのち彼女を修道院にやり,みずからも去勢されてサン・ドニ修道院に入り,そこで没した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アベラール【Pierre Abélard】
1079~1142) フランスのスコラ哲学者・神学者。普遍論争では師ロスケリヌスの考えを発展させて唯名論を確立し、倫理学では意図や決断に価値をおく心情倫理を説いた。その神学説は異端とされる。女弟子エロイーズとの往復書簡は有名。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アベラール
あべらーる
Pierre Ablard
(1079―1142)
フランス中世の哲学者、神学者。ラテン名ペトルス・アベラルドゥスPetrus Abaelardus。ナント近傍ル・パレに生まれる。音声言語論者と目されるロスケリヌス等に学んだ後、パリでシャンポーのギヨームGuillaume de Champeaux(1070ころ―1121)に師事するが、その普遍に関する実在論的考えを批判し、自ら学校を開いて弁証学(論理学)を教えた。ついで神学を学ぶが、師ランのアンセルムスAnselme de Laon(1050ころ―1117)を批判し、神学をも教え始めた。だが、生徒の一人エロイーズHlose(1101―1164)との恋愛と結婚は悲劇的な結末を迎え、またその才能の発露は多くの敵対者を生むことになり、三位一体論(さんみいったいろん)を含む神学的著作が公会議において焼かれるなど、幾多の迫害を受け、その後半生は流浪の修道生活であった。
 中世の論理学における彼の業績は大きい。普遍論争において、彼は元来の意味における唯名論派の祖である。彼は「音声としての言語voxが普遍だ」との先行する立場を継いで、「人間」は多くの個物につけられた共通の音声である名称(普通名詞)であり、それは複数のものについて「人間である」と述べられることにおいて普遍であるとした。いいかえれば、実在の内には「人間」に対応する普遍はなく、ただ多くの個物が「人間であること」において一致しているのである。しかし、彼はこの立場の欠点に気づき、これを克服すべく音声言語が聞き手の内に個物にかかわる理解の働き(概念作用)を構成することに注目し、やがて普遍という性格を単なる音声voxにではなく、意味作用significatioを行うものとしてのことばsermoないし名称nomenに帰するに至った。ことばこそが普遍にほかならない。
 倫理学に関して彼は、結果としての行為にではなく、意図intentioないし主体の選択・決断としての同意consensusに善悪の基準を求めることを提唱した。
 神学としては、聖書と教父たちの外見上両立しない諸命題を肯定と否定の意見とに分けて編集した『然(しか)りと否』Sic et nonがある。人を知的探究へ誘うこの方法は、以後スコラ神学に影響を与えた。[清水哲郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

アベラール
(Pierre Abélard ピエール━) フランスのスコラ哲学者、神学者。普遍論争において概念論の立場をとり、普遍は各個物の中にあると説いた。エロイーズとの恋愛は有名で、その往復書簡は「愛と教導の書簡」として知られる。(一〇七九‐一一四二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アベラール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アベラールの関連情報

関連キーワード

2006年全国映画概況邦画復活いろは歌伊呂波歌周期表性霊集成王宋敏求大乗会

他サービスで検索

「アベラール」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.