Rakuten infoseek

辞書

アプリケーション【アプリケーション】

知恵蔵

アプリケーション
OSに対して、ワープロ、表計算、グラフィックス、電子メールなど、用途に応じて作られたソフトウエアを指す。「アプリ」と略すこともある。日本語では、「応用ソフト」などと訳される。
(斎藤幾郎 ライター / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

アプリケーション(application)
適用。応用。また、実用化。「アプリケーションテクノロジー」
アプリケーションソフト」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とっさの日本語便利帳

アプリケーション
パソコン上で使うソフトウエアのこと。正確な定義はないが、中でも、ワープロや表計算など、規模の大きなソフトを指す。

出典:(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」

カメラマン写真用語辞典

アプリケーション
 パソコンで作動するソフトウエアのなかでも、メールソフトや表計算ソフト、レタッチソフトなど、特定の目的を果たすためのもの。パソコンの基本を支えるOS(オペレーションソフト)や周辺機器を制御するドライバソフトなどと区別してこう呼ぶ。

出典:カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

IT用語がわかる辞典

アプリケーション【application】
「アプリケーションソフト」の略。⇒アプリケーションソフト

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

アプリケーション【application】
適用。応用。
申し込み。申請。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アプリケーション
あぷりけーしょん
アプリケーション・ソフトウェアapplication softwareの略称。本来はパソコンやサーバーなどの情報処理装置にインストールされたOS(基本ソフト)上で動作するソフトウェアのことである。英語では略語としてApp、appが使われる。日本では一般的にソフトウェアまたはソフトとよばれるが、2008年(平成20)にiPhone(アイフォーン)3Gが発売されてから、アプリの呼称が一般的に使われるようになった。その後、スマートフォンの普及とともに定着し、電話機能、電子メール、ウェブブラウザ、ゲームなどもすべてアプリとよばれる。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アプリケーション」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アプリケーションの関連情報

他サービスで検索

「アプリケーション」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.