Rakuten infoseek

辞書

アプラヴァシ-ガート【アプラヴァシガート】

世界遺産詳解

アプラヴァシガート【アプラヴァシ-ガート】
2006年に登録された世界遺産(文化遺産)で、モーリシャスの首都ポートルイスにある、移民受け入れに使用された建造物群。1834年、イギリス人の農園主たちは、奴隷に代わる労働力として、インドからの移民の輸送などを整備した。この仕組みを「契約労働」といい、労働者は「クーリー」と呼ばれた。この受け入れ施設は当時、「クーリー・ガート」と呼ばれ、ここを通って砂糖プランテーション(大規模農場)に送られた。また、ここを中継して、レユニオン島、オーストラリアなどに送られることもあった。ここを通った労働者は50万人に上るとされる。1849年に造られた建造物群のうち、現存するのは1割強で、波止場、病院、厨房、トイレなどが部分的に残っている。アプラヴァシ・ガートは、世界遺産のなかでも「負の遺産」とされるものの一つで、国際的な労働力大移動の先駆けとなった証しとして評価され、登録された。◇英名はAapravasi Ghat。アプラヴァシ・ガートとは、ヒンドゥー語で「移民の駅」の意味。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アプラヴァシ-ガート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アプラヴァシ-ガートの関連情報

関連キーワード

[各個指定]芸能部門ヘレン ミレン意匠テキサス大学アイスランドの要覧アイルランドの要覧アルゼンチンの要覧アルバニアの要覧イラクの要覧エストニアの要覧

他サービスで検索

「アプラヴァシ-ガート」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.