Rakuten infoseek

辞書

アブ-メナ【アブメナ】

世界遺産詳解

アブメナ【アブ-メナ】
1979年に登録された世界遺産(文化遺産)で、アレクサンドリア南西部のミリュート砂漠に位置する。エジプト最古のキリスト教都市の一つで、3世紀にローマ帝国によるキリスト教弾圧で殉教した聖者メナス(285~296年頃)の墓所。ここに聖堂が建設され、キリスト教の一派、コプト教最大の巡礼地となった。9世紀以降イスラム教徒に征服され、聖堂は破壊されたが、20世紀初め、砂に埋もれていたアブ・メナの遺跡が発掘された。人類の歴史上、価値のある遺跡として評価され、世界遺産に登録された。土地改良による溢水などのため崩壊の危機に瀕し、2001年、危機遺産リストに登録された。◇英名はAbu Mena

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブ-メナ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アブ-メナの関連情報

関連キーワード

近藤芳美荒川洋治五木寛之金壽根ミハルコフ・コンチャロフスキーキリバスシーゲル立松和平土田ヒロミ富岡多恵子

他サービスで検索

「アブ-メナ」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.