Rakuten infoseek

辞書

アブ-シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群【アブシンベルからフィラエまでのヌビアいせきぐん】

世界遺産詳解

アブシンベルからフィラエまでのヌビアいせきぐん【アブ-シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群】
1979年に登録された世界遺産(文化遺産)で、エジプト南部、ナイル川上流のアスワン県にある。ヌビアは、アスワンからアブ・シンベルまでのナイル川沿いの地域。古代遺跡群が多数残っていたが、1960年代に、アスワン・ハイ・ダムの建設計画によってダム湖に水没する危機にあった。これに対し、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の救済活動が行われ、壮大な岩窟神殿、アブ・シンベル大神殿が64m上の丘に、フィラエ島にあったイシス神殿は、アギルキア島に移築され保護されたほか、数多くの遺跡が移築された。歴史上重要な遺跡として評価され、世界遺産に登録された。◇英名はNubian Monuments from Abu Simbel to Philae

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブ-シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アブ-シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群の関連情報

関連キーワード

近藤芳美荒川洋治五木寛之金壽根ミハルコフ・コンチャロフスキー改革・開放セントビンセント・グレナディーン諸島ベイユキリバスシーゲル

他サービスで検索

「アブ-シンベルからフィラエまでのヌビア遺跡群」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.