Rakuten infoseek

辞書

アブバカール-モスク【アブバカールモスク】

世界の観光地名がわかる事典

アブバカールモスク【アブバカール-モスク】
Abu Bakar Mosque
マレーシアのマレー半島最南端、同国第2の都市ジョホールバールにあるモスク(イスラム礼拝堂)。ジョホールとの国境になっているジョホール水道(ジョホール海峡)を見下ろす小高い丘の上にある木造の建造物で、マレーシアで最も美しいモスクの一つといわれている。ジョホール州のスルタンだったアブバカールの命によって、1893年から8年の歳月をかけて建てられた。内部には約2000人収容の大礼拝堂があるが、イスラム教徒以外は中に入れない。観光客は外観のみ見学可能となっている。丘の上からはシンガポールの町並みを眺めることができる。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブバカール-モスク」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アブバカール-モスクの関連情報

他サービスで検索

「アブバカール-モスク」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.