Rakuten infoseek

辞書

アブド・アルアジーズ・ブン・サウード【アブドアルアジーズブンサウード】

20世紀西洋人名事典

アブド・アルアジーズ・ブン・サウード
‘Abd al-‘Azīz b.Sa‘ūd


1880 - 1953.11.9
サウジアラビア国籍。
サウジアラビア国王。
リヤド生まれ。
別名イブン・サウード,アブドゥル・アジズ
イスラム教ワッハーブ派のサウド家に生まれる。1891年サウド家がラシード家に敗れ、父とクウェートに亡命する。1901年リヤドを奪還、王国を再興する。’21年ラシード家を滅ぼし、’25年ヒジャーズ地方も支配し、ヒジャーズの王、ナジュドとその属領のスルタンとなり、’32年サウジアラビアと国名を改める。’38年油田を発見、その財源は遊牧民定住化や農業開発の財政的基盤となった。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アブド・アルアジーズ・ブン・サウード」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アブド・アルアジーズ・ブン・サウードの関連情報

他サービスで検索

「アブド・アルアジーズ・ブン・サウード」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.