Rakuten infoseek

辞書

アフロアジア語族【アフロアジアごぞく】

世界の主要言語がわかる事典

アフロアジアごぞく【アフロアジア語族】
北アフリカから西アジアにかけて分布する語族。1950年にアメリカの言語学者グリーンバーグが、従来のセムハム語族の諸言語にチャド語派を加え、新たな概念として提唱した。セム語派(セム語族とも:アラビア語ヘブライ語など、アッカド語・フェニキア語などの古代語も含まれる)、エジプト語派(古代エジプト語・コプト語が含まれるが死語)、ベルベル語派(シルハ語・トゥアレグ語など)、クシュ語派(ソマリ語・ガッラ語など)、チャド語派(ハウサ語など)の5つの語派に分類される。◇英語でAfro-Asiatic

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフロアジア語族」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アフロアジア語族の関連情報

他サービスで検索

「アフロアジア語族」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.