Rakuten infoseek

辞書

アフリカーンス語【アフリカーンスご】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

アフリカーンス語
アフリカーンスご
Afrikaans language
南アフリカ共和国の公用語の一つ。現在の南ア共和国が 1652年にオランダの植民地になったときにもたらされたオランダ語が,独自の発展を遂げて,本国のオランダ語と異なる特徴をいくつかもつようになったもの。音声の面ではオランダ語とほとんど違わないが,文法的には,動詞の活用が大幅に簡略化され,名詞の性・格が失われている。また,語彙に混合語のマレー=ポルトガル語,バンツー語,コイ語などからの借用語がみられる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アフリカーンス‐ご【アフリカーンス語】
Afrikaans南アフリカ共和国の公用語の一。オランダ系白人などに用いられている。オランダ語を母体に、周辺の言語のまざったもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あふりかーんすご【アフリカーンス語】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アフリカーンスご【アフリカーンス語】
インド-ヨーロッパ語族の西ゲルマン語派に属する言語。一七世紀以降南アフリカに移住したオランダ人のもたらしたオランダ語が、現地語の影響を受けて独自の変化をとげたもの。南アフリカ共和国の公用語。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の主要言語がわかる事典

アフリカーンスご【アフリカーンス語】
南アフリカ共和国の公用語の一つ。話者数は600万人。17世紀半ばにオランダ人植民者がもたらしたオランダ語から発達した言語で、文法的には大幅に簡略化されているが、語彙(ごい)はほとんどがオランダ語に由来する。アパルトヘイトと結びつけて圧制者側の言葉とされることもあるが、社会のあらゆる分野で使用されている。◇英語でAfrikaans。

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アフリカーンス語
あふりかーんすご
Afrikaans
南アフリカ共和国の公用語の一つ。南部アフリカ在住のオランダ系移民(アフリカーナー、別名ブーア人)の母語。話者数約200万人。文学、報道、学術など社会のあらゆる分野で使用されている。17世紀中ごろに入植したオランダ系移民の言語から発達したものなので、当然オランダ語によく似ている。文法が簡単で、クレオール的性格を示す。マレー語、コイサン語(コイン語)などの要素を含むが、その割合は大きくはない。[桜井 隆]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アフリカーンス語」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アフリカーンス語の関連情報

他サービスで検索

「アフリカーンス語」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.