Rakuten infoseek

辞書

アパレル産業【アパレルサンギョウ】

デジタル大辞泉

アパレル‐さんぎょう〔‐サンゲフ〕【アパレル産業】
衣料品産業。特に、既製服製造業の総称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

流通用語辞典

アパレル産業【apparel industry】
新しい産業分類の一つ。アバレルとは衣料一般のことであり、アバレル産業は、衣料製造業の総称。とくにアメリカ流の呼称に変えた背景には、商品企画力を強め、ファッション性の高い衣料を開発することにより、市場を高級化し、欧米などの高級衣料に対抗しようとする意図がある。昭和51年に通産省が策定した繊維産業ビジョンのなかでは、アバレル産業を繊維産業の知識集約化の姿として位置づけており、業界の展望をそこから見出そうとしている。このような将来展望を示す新たな産業分類として、卸小売業を流通産業、食堂業を外食産業、家具什器業をインテリア産業などと呼ぶことも一般化している。

出典:(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

アパレルさんぎょう【アパレル産業】
ファッション性の強い衣服を企画,製造,販売する産業のことを日本でこういう。〈アパレルapparel〉とは,英語で衣服,服装の意味である。アパレルなりアパレル産業という言葉が日本で使われはじめたのは1970年ころからである。発展途上国の繊維産業が急速に力をつけ,日本の競争相手となってきた状況のなかで,このころから高付加価値化の必要性が叫ばれるようになり,色,柄,デザインに優れ,流行にマッチした,さらには先取りする商品を企画・製造するファッション産業への転進をめざす衣料品メーカーもふえてきた。

出典:株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アパレル産業」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アパレル産業の関連情報

他サービスで検索

「アパレル産業」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.