Rakuten infoseek

辞書

アバウトネス【あばうとねす】

図書館情報学用語辞典

アバウトネス
蓄積情報や検索質問の中で扱われている主題概念.表現されている重要概念は何かを示すものということができる.この何かの決定は,個人に依存し必ずしも客観的ではないので,アバウトネスは,著者,索引作成者,利用者など,情報や検索質問を取り扱う立場によって異なる.蓄積情報に関しては,著者アバウトネス,索引作成者アバウトネス,利用者アバウトネスに分けることができる.また,蓄積情報にはまったく関連せず,検索質問が何についてかのみを示す検索質問アバウトネスには,利用者アバウトネスと仲介者(例えば,レファレンス担当者)アバウトネスがあると考えることができる.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アバウトネス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アバウトネスの関連情報

他サービスで検索

「アバウトネス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.