Rakuten infoseek

辞書

アハト・ハアーム

20世紀西洋人名事典

アハト・ハアーム
Achad Haam


1856.8.5 - 1927.1.2
イスラエル文筆家,社会学者,哲学者
スクヴィラ(ウクライナ)生まれ。
本名アシェル・ヒルシュ・ギンツベルク。
オデッサ、ベルリーン、ヴィーンブリュッセルで哲学を学び、編集・出版の仕事に就く。シオン愛好者委員会に加入、1907年からロンドン、テル・アヴィヴで活動する。優れたエッセイを通して文化的シオニズムを提唱し、ロシアのシオニストに影響を与えた。著書に「分岐点にて」(1895年)など。

出典:日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)
(C) 1995 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アハト・ハアーム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アハト・ハアームの関連情報

関連キーワード

島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎芥川龍之介

他サービスで検索

「アハト・ハアーム」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.