Rakuten infoseek

辞書

アトランテス

デジタル大辞泉

アトランテス(〈ギリシャ〉atlantes)
古代ギリシャ建築で、男性像をかたどった支柱。天空を支えるアトラスにちなむ。男像柱。→カリアティード

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

あとらんてす【アトランテス】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

アトランテス【atlantes】
男像柱。古代ギリシャ建築で、天空を支えるというアトラスにならって、男性像を柱としたもの。 → カリアティード

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

アトランテス
あとらんてす
atlantes
ギリシア建築で男子の彫像を柱としたもの。男像柱ともいう。ギリシア神話の巨人神アトラスが天空を支えている神話に由来する。女子像はカリアティードcaryatidという。ローマ人は同様な男像柱をテラモネスTelamonesとよんだが、これはギリシアのアトラスと同じ神話をもつテラモンに由来するもの。シチリア島のアクラガスのゼウス神殿にその巨大な作例が残されている。[前田正明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アトランテス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アトランテスの関連情報

他サービスで検索

「アトランテス」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.