Rakuten infoseek

辞書

アトランタ・ブレーブス【あとらんたぶれーぶす】

日本大百科全書(ニッポニカ)

アトランタ・ブレーブス
あとらんたぶれーぶす
Atlanta Braves
アメリカのプロ野球球団ナショナル・リーグ所属(東地区)。フランチャイズをジョージア州アトランタに置き、ターナー・フィールドを本拠地としている。球団名の変遷は、ボストン・レッドキャップス(1876年)―ボストン・ビーンイーターズ(1883年)―ボストン・ドーブス(1907年)―ボストン・ラトラーズ(1911年)―ボストン・ブレーブス(1912年)―ボストン・ビーズ(1936年)―ボストン・ブレーブス(1941年)―ミルウォーキー・ブレーブス(1953年)―アトランタ・ブレーブス(1966年)。
 ナショナル・アソシエーションが創設された1871年からレッドストッキングスとして存続していた球団が前身。所属リーグがナショナル・リーグとして再発足した1876年からレッドキャップスと改称して加盟した。その後、1883年、1907年、1911年と3回の改称を経て、1912年からブレーブスとなった。1914年には、68勝19敗という後半の追い上げで優勝。ワールド・シリーズでも強豪フィラデルフィア・アスレチックス(現オークランド・アスレチックス)をストレートで降して「ミラクル・ブレーブス」とよばれた。1936年から1940年までビーズを名のったが、1941年からブレーブスに戻した。1948年にも優勝したが、ワールド・シリーズではクリーブランド・インディアンスに敗れた。1953年からミルウォーキーにフランチャイズを移転。当時は左腕ウォーレン・スパーンWarren Spahn(1921―2003)がエースで、エディー・マシューズEddie Mathews(1931―2001)が打線の中心であった。さらに1954年には、ホームラン755本の通算最多記録保持者ハンク・アーロンがデビューした。1957年にはスパーンが最多勝となってサイ・ヤング賞、アーロンが本塁打と打点の二冠王で最優秀選手(MVP)を受賞してリーグ優勝し、ワールド・シリーズでもニューヨーク・ヤンキースを降して「世界一」となった。1958年もリーグ優勝。しかしワールド・シリーズではヤンキースに敗れた。1966年からフランチャイズをアトランタに移転。両リーグ2地区制となった1969年からは西地区に配属された。その年に地区優勝。1982年にも地区優勝したが、両年ともリーグ優勝はできなかった。1987年に左腕トム・グラビンTom Glavine(1966― )、1988年に快速球右腕ジョン・スモルツがデビュー。1990年のシーズン途中からボビー・コックスが二度目の監督に就任すると、1991年から2年連続リーグ優勝。1993年シカゴ・カブスからグレッグ・マダックス投手をFA(フリー・エージェント)で加え、同年も地区優勝。両リーグ3地区制が導入され、東地区に配置替えされた1994年はストライキでシーズンが中断されて優勝チームなしとなったが、1995年から2005年まで11年連続地区優勝。その間、好打者チッパー・ジョーンズ、攻守の要アンドリュー・ジョーンズなどの活躍により、1995年、1996年、1999年と三度リーグ優勝し、1995年にはワールド・シリーズでインディアンスを破って「世界一」となった。プレーオフ自体が行われなかった1994年を除き、1991年から2004年まで14シーズン連続プレーオフ進出という黄金時代であった。1997年には現本拠地が開場した。[山下 健]

2006年以降

ブレーブスの黄金時代を築き上げた名監督コックスの17年目となった2006年は、勝率5割を切り3位。連続地区優勝は14で途切れた。続く2007年も3位に終わった。
 1876年から2007年までの通算成績は、9696勝9716敗、地区優勝16回、リーグ優勝17回(うち1リーグ時代は8回)、ワールド・シリーズ優勝3回。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

アトランタ・ブレーブス
《Atlanta Braves》MLB(メジャーリーグ・ベースボール)加盟のプロ野球チーム。略称ATL。ナショナルリーグ東地区に所属。創設年は1871年。本拠地はアメリカ、ジョージア州アトランタ、サントラスト・パーク。1876年のナショナルリーグ創設に参加した球団のひとつで、参加時のチーム名はボストン・レッドストッキングス。その後1912年にボストン・ブレーブスに改称、66年にアトランタに移り現名称となる。ワールドシリーズ初制覇は1914年。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アトランタ・ブレーブス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アトランタ・ブレーブスの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.