Rakuten infoseek

辞書

アディポサイトカイン

栄養・生化学辞典

アディポサイトカイン

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

アディポサイトカイン(adipocytokine)
脂肪細胞から分泌される生理活性物質総称。脂肪の燃焼や糖の取り込みを促進するアディポネクチンレプチン遊離脂肪酸などがある。代謝異常やメタボリックシンドロームに関わりがあることが知られている。アディポカイン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

生活習慣病用語辞典

アディポサイトカイン
脂肪組織から産生分泌されるホルモンのことです。動脈硬化を抑制する作用のあるアディポネクチンや、脳血栓心筋梗塞のリスクを高める PAI-1 などがあります。

出典:あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)
Copyright (c) 2008-2010 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アディポサイトカイン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アディポサイトカインの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.