Rakuten infoseek

辞書

アツィナナナの雨林群【アツィナナナのうりんぐん】

世界遺産詳解

アツィナナナのうりんぐん【アツィナナナの雨林群】
2007年に登録された世界遺産(自然遺産)。マダガスカル東部に位置し、マダガスカルヘビワシなどが生息する島最大のマソアラ国立公園、新種のオオタケキツネザルが保護されているラノマファナ国立公園、この島特有のとげの多い森林を含むアンドハヘラ国立公園など、6つの国立公園にまたがっている。25種はいるとされるキツネザルなどの絶滅危惧種の生息と生物多様性などが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はRainforests of the Atsinanana

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アツィナナナの雨林群」の用語解説はコトバンクが提供しています。

アツィナナナの雨林群の関連情報

関連キーワード

登録記念物アゼルバイジャン共和国の要覧アラブ首長国連邦の要覧アルジェリアの要覧イタリアの要覧インドの要覧インドネシアの要覧ウガンダの要覧ウクライナの要覧ウルグアイの要覧

他サービスで検索

「アツィナナナの雨林群」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.